Log In

新着記事

企画省の契約で公金横領システムか ベルナルド元大臣など勾留

2016年6月24日

 連邦警察および連邦検察庁、国税庁は23日朝から、予算企画管理省(以下、企画省)をめぐる公金横領疑惑の捜査作戦を開始した。企画省がIT企業と結んだ契約を利用した公金横領システムが構築されていた疑いが捜査されている。同日の作戦で、ルーラ政権で企画相、第1期ジルマ政権で通信相を務めたパウロ・ベルナルド氏(労働者党=PT)など11人に予防的勾留令状が執行されたほか、ベルナルド氏と夫人のホフマン上議の自宅…

Read more

2件目の最高裁刑事被告に 全判事一致で起訴状を受理=クーニャ氏

2016年6月24日

21日に行った記者会見でクーニャ氏(Foto: Zeca Ribeiro/ Câmara dos Deputados) 連邦最高裁判所大法廷で22日、連邦検察庁が提出した収賄・資金洗浄の罪などによるエドゥアルド・クーニャ下院議長(職務停止中)の起訴につい…

Read more

熊本ブラジルの日 伯国との友好記念日を祝い

2016年6月24日

18日の「海外移住の日」に合わせ  【熊本発・吉永拓哉福岡支局長】6月18日は、第1回契約移民を乗せた笠戸丸がサントス港に到着した日。ブラジルでは「移民の日」として様々な場所でミサや行事が行われている。一方で、日本でもこの日を「海外移住の日」に定めてはいるものの、母国では記念日として特に行事がない。そんな中、移民の父・上塚周平の故郷である熊本県では、ブラジルに縁がある若い世代が中心となって「…

Read more

「生涯現役社会をめざして」 老年学専門家、小川氏講演会

2016年6月24日

 九州大学と山口大学の名誉教授を務める社会老年学の専門家、小川全夫(おがわ・たけお、72)氏が、17日午前9時からサンパウロ市リベルダーデ区の熟年クラブ連合会ホールで「生涯現役社会をめざして」と題した講演会を行い、47人が参加した。  小川氏はNPO法人アジアン・エイジング・ビジネスセンターの理事長や、全国老人クラブ連合会の評議員を務めており、アジア諸国を中心に世界各国を訪れ、それぞれの国の…

Read more

JICA 柔道分野の受け入れ開拓 銅メダリストの上野さんが来伯

2016年6月23日

ボランティア事業30周年の一環で 来伯している上野氏 開発青年制度から始まった日系社会ボランティア事業が今年で30周年を迎えたJICAの記念事業の一環として、2012年ロンドン五輪女子柔道銅メダリストの上野順恵(よしえ)氏(32、北海道、現三井住友…

Read more
«
»

連載特集

昭和の雰囲気漂うベトナム(終) 将来は中国以上の勢いに?

2016年6月24日

作り方は広島風お好み焼きにどこか似ている この日、一日…

Read more

モザイク

2016年6月24日

 熊本ブラジルの日のイベント会場で、参加者たちから評判だったカクテルがある。「シロピリーニャ」という熊本オリジナルのカイピリーニャだ。シロピリーニャは、ピンガの…

Read more

2016年6月23日

 リオオリンピックへの出場を検討していたゴルフ世界ランキング4位のローリー・マキロイ選手(北アイルランド出身)が、出場辞退することを決めた。マキロイ選手はジカ熱…

Read more

2016年6月22日

 熊本県人会主催の第14回先亡者追悼法要後に婦人部手作りのカレーライス等の昼食を頂いた。その際、同県人会役員から勧められて飲んだ「ECOBIER」という2種類の…

Read more

2016年6月21日

 今年の「移民の日」は土曜日ということもあり、例年より参加者が多いかと予想していたが、会場では空席が目立ち参加者の少なさは否めず。参加者の多くは高齢で、若い参加…

Read more

2016年6月20日

 ベトナム女性は色白の美人が多いせいか(そうでない人も当然いますが)、太陽光線には特に敏感な様子。熱帯気候のホーチミン市では、半袖短パン姿で歩いていてもうだるよ…

Read more
«
»

日系社会

熊本ブラジルの日 伯国との友好記念日を祝い

2016年6月24日

18日の「海外移住の日」に合わせ  【熊本発・吉永拓哉福岡支局長】6月18日は、第1回契約移民を乗せた笠戸丸がサントス港に到着した日。ブラジルでは「移民の日」として様々な場所でミサや行事が行われている。一方で、日本でもこの日を「海外移住の日」に定めてはいるものの、母国では記念日として特に行事がない。そんな中、移民の父・上塚周平の故郷である熊本県では、ブラジルに縁がある若い世代が中心となって「…

Read more

国内

企画省の契約で公金横領システムか ベルナルド元大臣など勾留

2016年6月24日

 連邦警察および連邦検察庁、国税庁は23日朝から、予算企画管理省(以下、企画省)をめぐる公金横領疑惑の捜査作戦を開始した。企画省がIT企業と結んだ契約を利用した公金横領システムが構築されていた疑いが捜査されている。同日の作戦で、ルーラ政権で企画相、第1期ジルマ政権で通信相を務めたパウロ・ベルナルド氏(労働者党=PT)など11人に予防的勾留令状が執行されたほか、ベルナルド氏と夫人のホフマン上議の自宅…

Read more

スポーツ

パウリスタン、サントス2年連続優勝 全国選手権は14日開幕

2016年5月10日

 ブラジル各地では8日、サッカーの各州選手権の覇者を決める決勝第2戦が行われ、バスコ・ダ・ガマ(リオ)、アメリカ・ミネイロ(ミナス・ジェライス)、アトレチコ・パラナエンセ(パラナ)、インテルナシオナル(リオ・グランデ・ド・スル)などが2016年の州王者となった。  サンパウロ州選手権(パウリスタン)の決勝は、州リーグ1部へ昇格してわずか3年で初の決勝進出を果たしたアウダクスSPと、8年連続で決勝…

Read more

灯台

日本の恥じ 舛添知事の来伯は阻止すべし

2016年6月15日

 舛添要一東京都知事の政治資金「公私混同」疑惑で、遂に不信任案提出騒ぎまで飛び出した。「自分がリオに行かないと、どうにもならない」「東京が選挙で混乱している恥を…

Read more

オリ・パラ連絡協議会に物申す

2016年6月14日

 8月、9月にリオで開催されるオリンピック・パラリンピック大会に来伯する日本選手団の支援・応援、観戦者への便宜などを目的に、リオ総領事館をはじめ大使館、各総領事…

Read more

東京だより 変則的な熊本地震

2016年5月10日

 熊本地震が中々収まらない。地震学者の話によると、地震のエネルギーは、21年前に起きた阪神淡路大震災と同規模だという。しかも熊本地震は震度7が前震、本震で二度も…

Read more

本紙新年号企画「サンパウロ新聞誕生の秘話」記事への事実誤認について

2016年2月29日

 旧聞になる。今年の新年特集号に「本紙創刊70周年の回顧 サンパウロ新聞誕生の秘話」と題して3ページを割いて掲載した。その中にいくつかの事実誤認がある、という指…

Read more

ジャパンハウス、お粗末だった初のイベント

2016年2月26日

 鳴り物入りでスタートした日本政府のジャパンハウス。ようやく場所も確定し、動き出した。最初のイベントとして24日、サンパウロ美術館(MASP)でカクテルパーティ…

Read more
«
»

新来記者日記

新来記者日記(桜)

2016年4月04日

 時が経つのは早いもので、新来記者が来伯して1カ月が経とうとしている。「まだ来たばかりで、何も分からないんです」というセリフで許されてきたことが、そろそろ通用し…

Read more

新来記者日記(桜)

2016年3月24日

 新来記者が来伯して約3週間が経った。大阪生まれ大阪育ちの新来記者はとにかくせっかちで、些細なことにイライラしてしまう。電車では1番に降り、トップで改札をくぐり…

Read more

新来記者日記(桜)

2016年3月15日

 ブラジルに来て10日ほどが経ちましたが、まだ日本にいるような感覚があります。日本食は簡単に食べられるし、街中を歩いていても日系人と思われる方とよくすれ違います…

Read more

新米記者日記(和)

2016年2月15日

 記者は14日に退社し、日本へ帰国する。約1年間という短い研修期間ではあったが、日系社会の皆様からは実に多くのことを教えてもらった。日本では薄れてきている義理や…

Read more

新来記者日記(海)

2016年1月18日

 ここしばらくの間、咳(せき)が止まらず非常に困った。持病もないし、アレルギーもなく、健康そのものだと思っていたのに……。夜になるとより一層ひどくなり、食事や睡…

Read more
«
»