Log In

新着記事

リオJHで「鬼剣舞」等披露 菅原庭元「38年前の恩返しできた」

2016年8月26日

岩手県人会の千田会長と旧交温め 握手する千田会長と菅原さん(左から) 【リオ市発・山野美桜記者】19日にリオ市バーラ・ダ・チジュカ区のジャパンハウス(JH)で「TOHOKU&TOKYO」として、東日本大震災で被災した際の支援への感謝と復興しつつある…

Read more

中平さんらが協力呼びかけ 文協文化ホール資金捻出慈善公演

2016年8月26日

 ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)は、文協地下1階の「文化ホール」建築工事資金捻出のため、慈善コンサート第1回『さあ~始めよう』を9月11日午後1時から同4時までサンパウロ市リベルダーデ区の同協会大講堂(Rua São Joaquim, 381)で開催する。  同慈善コンサートは、13年前からブラジル各地で公演活動をしている歌手の中平マリコさんが「文化ホール」の完成が遅れていることを…

Read more

援協傘下の日伯友好病院 レベル3の最高評価を受賞

2016年8月26日

 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)傘下の日伯友好病院(天内ワルテル院長)が、医療サービスの格付けを行うIQGから最高評価であるレベル3の評価を受け、15日午後4時半からサンパウロ(聖)市パルケ・ノボ・ムンド区の同病院6階で受賞式典が行われた。会場には関係者や職員など67人が集まった。  開会に先立ち、あいさつに立った天内院長は「この病院は日系人が建てた病院だが、今では地域になくてはなら…

Read more

五輪が残した競技施設 今後の利用方法は

2016年8月25日

 五輪開催に向けたリオ・デ・ジャネイロ市内の競技場建設・改修事業には計71億レアルが支出された。これらの施設が五輪後どのように利用されるのか、ESPNサイトが22日付で伝えている。今後は各スポーツ複合施設の維持費に年間5900万レアルかかるとされ、政府や各スポーツ連盟、民間部門が、これらの施設を利用するという。  バーラ・ダ・チジュカ地区は五輪公園の建設によって開発され、軍管轄地区のデオドロ…

Read more

第9回サルト日本祭り テーマは「オリンピック」

2016年8月25日

日伯結び世界をつなげたい 食ブースにはたくさんのブラジル人が訪れた 【サルト市発・佐久間吾朗記者】サルト日伯協会(寺坂クラウジオ会長)主催の「第9回日本祭り」が、サンパウロ州サルト市のパビリオン・ダス・アルテスで20、21日の2日間にわたって行われ…

Read more
«
»

連載特集

リオ五輪四方山話㊦ 現地の市民感情は悲喜こもごも

2016年8月23日

 今回は、現地の様子など記者が感じたことを書こうと思う。  リオへ行くため、12日夜にサンパウロ市チエテのバスターミナルへ向かった。ターミナルには、同じく五輪観戦に行くであろう人々でいつも以上に…

Read more

移民108周年

2016年6月28日

 サンパウロ市モッカ地区にあるサンパウロ移民博物館の第21回移民祭が5、11、12日の3日間にわたって行われた。関係者によると、3日間で2万2000人が訪れ、大…

Read more

2016年6月28日

 1936年8月に、日本から最初のパラグアイ日本人移民がラ・コルメナ移住地に入植して今年で80周年の節目の年を迎えた。また、同国で最も新しいイグアス移住地が61…

Read more

2016年6月28日

オリンピック出場時の内藤(左)[/…

Read more

2016年6月28日

 サンパウロ州ミランドポリス市にある第2アリアンサ「鳥取村」の入植90周年記念式典が、7月23日午前9時半から同地の自治会館(Rua Shigueichi Fu…

Read more

2016年6月28日

 今では日本食材が容易に手に入る時代となったが、かつては食材すら入手しづらい時代があった。戦前にブラジルへ移住した日本人移民は、そんな環境の中で数少ない食材で少…

Read more
«
»

日系社会

リオJHで「鬼剣舞」等披露 菅原庭元「38年前の恩返しできた」

2016年8月26日

岩手県人会の千田会長と旧交温め 握手する千田会長と菅原さん(左から) 【リオ市発・山野美桜記者】19日にリオ市バーラ・ダ・チジュカ区のジャパンハウス(JH)で「TOHOKU&TOKYO」として、東日本大震災で被災した際の支援への感謝と復興しつつある…

Read more

国内

五輪に向けたスポーツ省資金 入札不正、横領の疑いで捜査

2016年8月26日

 連邦警察は24日、スポーツ省から協定を通じて各スポーツ連盟に支出された公的資金に関し、横領や入札不正が行われた疑いがあるとして国内各地で捜査作戦を実行した。この日の作戦では、SBマーケティング社の社長が予防拘束されたほか、テコンドー連盟会長が不正に関与したとされる企業と関係があったとの疑いで裁判所命令により停職となった。G1サイトが24日付で報じている。  今回の捜査作戦は連邦検察庁と国家…

Read more

スポーツ

五輪サッカー準決勝 伯は男子勝利、女子敗退

2016年8月18日

 リオ五輪サッカーの男子準決勝が17日午後1時からリオ・デ・ジャネイロ市のマラカナン競技場で行われ、ブラジル代表はホンジュラス代表と対戦した。ブラジルはネイマールが五輪最速記録となる前半14秒で先制点。その後も得点を重ね、6対0で勝利し、決勝進出を決めた。決勝戦は20日午後5時半からマラカナン競技場で行われる。  同じく準決勝に進出した女子ブラジル代表は、16日に同競技場でスイス代表と対戦。…

Read more

灯台

日本の恥じ 舛添知事の来伯は阻止すべし

2016年6月15日

 舛添要一東京都知事の政治資金「公私混同」疑惑で、遂に不信任案提出騒ぎまで飛び出した。「自分がリオに行かないと、どうにもならない」「東京が選挙で混乱している恥を…

Read more

オリ・パラ連絡協議会に物申す

2016年6月14日

 8月、9月にリオで開催されるオリンピック・パラリンピック大会に来伯する日本選手団の支援・応援、観戦者への便宜などを目的に、リオ総領事館をはじめ大使館、各総領事…

Read more

東京だより 変則的な熊本地震

2016年5月10日

 熊本地震が中々収まらない。地震学者の話によると、地震のエネルギーは、21年前に起きた阪神淡路大震災と同規模だという。しかも熊本地震は震度7が前震、本震で二度も…

Read more

本紙新年号企画「サンパウロ新聞誕生の秘話」記事への事実誤認について

2016年2月29日

 旧聞になる。今年の新年特集号に「本紙創刊70周年の回顧 サンパウロ新聞誕生の秘話」と題して3ページを割いて掲載した。その中にいくつかの事実誤認がある、という指…

Read more

ジャパンハウス、お粗末だった初のイベント

2016年2月26日

 鳴り物入りでスタートした日本政府のジャパンハウス。ようやく場所も確定し、動き出した。最初のイベントとして24日、サンパウロ美術館(MASP)でカクテルパーティ…

Read more
«
»

新来記者日記

新来記者日記(坂)

2016年7月23日

 先日、岐阜県から派遣された農業を学んでいる高校生たちと話す機会があった。皆さん、実家が農業を営んでいるせいか、どの生徒も自身の将来に対して家業に関連した分野は…

Read more

新来記者日記(坂)

2016年7月06日

 ブラジルに来てから早くも7カ月が過ぎようとしている。今月1日から、新しい職場であるサンパウロ新聞に向かうため、これまで縁が無かった朝の通勤ラッシュを味わった。…

Read more

新来記者日記(桜)

2016年4月04日

 時が経つのは早いもので、新来記者が来伯して1カ月が経とうとしている。「まだ来たばかりで、何も分からないんです」というセリフで許されてきたことが、そろそろ通用し…

Read more

新来記者日記(桜)

2016年3月24日

 新来記者が来伯して約3週間が経った。大阪生まれ大阪育ちの新来記者はとにかくせっかちで、些細なことにイライラしてしまう。電車では1番に降り、トップで改札をくぐり…

Read more

新来記者日記(桜)

2016年3月15日

 ブラジルに来て10日ほどが経ちましたが、まだ日本にいるような感覚があります。日本食は簡単に食べられるし、街中を歩いていても日系人と思われる方とよくすれ違います…

Read more
«
»