Log In

新着記事

リオ五輪会場の水質汚染 選手の健康に深刻な被害も

2015年8月03日

 米AP通信社の調査により、2016年リオ五輪のボートやセーリングの競技会場の水質汚染が深刻で、競技の開催が危ぶまれる事態にあることが改めて示された。7月30日付フォーリャ紙(ウェブ版)が報じた。  AP通信社が水質の分析調査を委託したところ、オリンピックとパラリンピックの会場となるロドリゴ・デ・フレイタス湖に流れ込んでいる生活排水から人体に危険なバクテリアやウイルスが検出された。  …

Read more

契約破棄して新たに入札 地下鉄4号線の工事中止

2015年8月03日

 サンパウロ州のジェラルド・アルキミン知事(ブラジル社会民主党=PSDB)は7月30日、サンパウロ市地下鉄4号線(黄)の工事請負会社との契約を正式に解約したと発表した。同日付エスタード紙(ウェブ版)が報じた。  これにより4号線のイジエノーポリス・マッケンジー駅、オスカー・フレイレ駅、サンパウロ・モルンビー駅、ビラ・ソニア駅の建設工事が中断され、新たな入札が行われることになった。2004年に…

Read more

アグア・リンパ植民地入植100周年㊥ 会員が協力し合って建てた会館

2015年8月03日

 6月7日、ビリグイ市在住の安永信一さん(67、3世)の運転により、アラサツーバ日伯文化協会の会館から元山光男会長、ノロエステ連合日伯文化協会の白石一資会長、アグア・リンパ植民地出身で実業家の故・安瀬盛次氏の甥に当たる箭内(やない)和喜さん(87、福島)たちと一緒に16キロ離れたアグア・リンパ植民地へと連れて行ってもらう。  元山会長によると、植民地内には1本の川が流れており、その川を境にイ…

Read more

人文研日系コミュニティ実態調査 伯社会における「日系」の存在

2015年8月03日

団体中心に全伯で聞き取り調査  サンパウロ人文科学研究所(人文研、本山省三理事長)が同研究所創立50周年の記念事業として、日系コミュニティの実態調査を実施する準備を進めている。同事業は、日系団体の活動や地域社会での役割、周囲の意識等について聞き取り調査を行ない、現状を記録するとともに、ブラジル社会における「日系」の存在について考察するもの。8月から2年をかけ、日系団体のある全伯各地を訪問する計画…

Read more

「ONITAIJI」を披露 文化センターと日本祭で公演=武楽座

2015年8月03日

 【既報関連】国際交流基金サンパウロ日本文化センターは芸能一座「武楽座」(源光士郎代表)を招き、7月24日にサンパウロ日本文化センターで、25日と26日に「第18回日本祭り」で公演を実施した。  「武楽座」とは、「武の美」という切り口から源代表が提唱する新しい総合芸術として編成された舞と奏楽による歌舞劇。刀や薙刀(なぎなた)、甲冑(かっちゅう)を扱う技や型に、武士のたしなみとされてきた能や茶…

Read more
«
»

連載特集

アグア・リンパ植民地入植100周年㊥ 会員が協力し合って建てた会館

2015年8月03日

 6月7日、ビリグイ市在住の安永信一さん(67、3世)の運転により、アラサツーバ日伯文化協会の会館から元山光男会長、ノロエステ連合日伯文化協会の白石一資会長、アグア・リンパ植民地出身で実業家の故・安瀬…

Read more

モザイク

2015年8月03日

 武楽座の公演会を両会場で鑑賞してみて、明らかにサンパウロ文化センターで見た時の方が良かったと思う。夜の不気味さと演出照明の繊細な色彩変化が情景を強く見せ、妖怪…

Read more

2015年7月31日

 携帯電話に見知らぬ番号からかかってくることは以前からあったが、なぜか最近は特にひどい。携帯電話会社の宣伝(これも煩わしいが)ならまだしも、出た瞬間に切られるこ…

Read more

2015年7月30日

 在聖総領事館100周年式典でお披露目された記念曲。割とアップテンポな曲調でノリが良ったが、総領事含め出席者は皆静かに聴き入っていた。その様子は、曲調とはかなり…

Read more

2015年7月29日

 午前9時から行われた「土俵祭り」は聖南西文化体育連盟相撲部理事でサンパウロ州相撲連盟副会長でもある堤正昭さんが執り行った。土俵上に土を盛って塩、酒などをまいて…

Read more

2015年7月28日

 25日は朝から雨が降って肌寒く、26日は快晴で日中はポカポカ陽気に恵まれるなど両日で極端な天候となった第18回県連日本祭り。注目された各県人会の郷土食の売れ行…

Read more
«
»

日系社会

人文研日系コミュニティ実態調査 伯社会における「日系」の存在

2015年8月03日

団体中心に全伯で聞き取り調査  サンパウロ人文科学研究所(人文研、本山省三理事長)が同研究所創立50周年の記念事業として、日系コミュニティの実態調査を実施する準備を進めている。同事業は、日系団体の活動や地域社会での役割、周囲の意識等について聞き取り調査を行ない、現状を記録するとともに、ブラジル社会における「日系」の存在について考察するもの。8月から2年をかけ、日系団体のある全伯各地を訪問する計画…

Read more

国内

動物実験の制限へ Anvisaが承認

2015年8月03日

19年から施行、代替法を適用  厚生省の国家サニタリー監督庁(Anvisa)は7月30日、国内の研究で用いられる動物実験の制限を目的とする省令を承認した。この省令は科学技術省のブラジル動物実験審議会(Concea)が指定する動物実験代替法のうち17種類をAnvisaが承認したことにより草稿が可能となった。一方、Conceaは研究所や製薬メーカーなど関連業界に5年の適応期間を与える方針を示した。3…

Read more

スポーツ

リオ五輪会場の水質汚染 選手の健康に深刻な被害も

2015年8月03日

 米AP通信社の調査により、2016年リオ五輪のボートやセーリングの競技会場の水質汚染が深刻で、競技の開催が危ぶまれる事態にあることが改めて示された。7月30日付フォーリャ紙(ウェブ版)が報じた。  AP通信社が水質の分析調査を委託したところ、オリンピックとパラリンピックの会場となるロドリゴ・デ・フレイタス湖に流れ込んでいる生活排水から人体に危険なバクテリアやウイルスが検出された。  …

Read more

灯台

東京だより 観光立国を目指す日本

2015年6月16日

 日本政府は情報の発信基地となるジャパンハウスをサンパウロ市に設ける準備を進めている。日本の魅力を発信すると同時に日本への理解を深めてもらう目的で設置される。ジ…

Read more

ブラジルを知らないポ語学科の教授

2015年6月12日

 きょう6月12日は恋人の日。縁結びの神様であるサン・アントニオの日のイブにあたるのが12日だとか。恋人同士や夫婦がプレゼント交換をして愛を確かめ合う。恋だの愛…

Read more

東麒麟が日本酒でなくなる?

2015年6月11日

 日本国税庁は、外国産の清酒と日本産の清酒の違いを明確にするために、日本産のコメを使い、日本産の水を使って日本国内で生産された清酒だけを「日本酒」として販売でき…

Read more

東京便り 「地方創生」政策は日本を救えるか

2015年4月08日

 いま日本は格差社会に突入しつつある。格差には二つの面がある。一つは貧富の差の拡大である。ワーキング・プアという言葉が生まれているほどで、働いても働いても貧困か…

Read more

文協初の女性会長誕生に向けて㊦ 古い体質に囚われず斬新な発想を

2015年4月07日

 今年、文協は還暦を迎える。その節目の年に初めて女性会長を迎えようとしている。昨年7月のフェスティバル・ド・ジャポンの会場だった。山下譲二副会長に「次期会長を受…

Read more
«
»

新来記者日記

新来記者日記(吾)

2015年7月20日

 最近、ブラジルでの将来や仕事の話になると「ずっと新聞社で働くの?」と聞かれることが多い。  その質問の真意は「良いところがあったら移るのでしょう?」だと…

Read more

新来記者日記(吾)

2015年6月24日

 ブラジルの、特に日系の高齢者は可愛い人が多い。特におじいちゃんたちが可愛い。もちろん、おばあちゃんたちも可愛いですよ。でも、おじいちゃんたちはもっと可愛く見え…

Read more

新来記者日記(吾)

2015年6月02日

1908年に初めて日本からブラジルへと渡った「笠戸丸」には、記者の出身地の新潟県から3家族が乗っていた。それがどれも隣接する市や町の出身者だったことを最近知り、…

Read more

新来記者日記(吾)

2015年5月05日

 先日、取材の後に友人に会うことになっていた。しかし、ブラジルで使える携帯電話をまだ持っていないので、公衆電話から友人に連絡しようと思っていた。取材が終わり、い…

Read more

新来記者日記(和)

2015年4月20日

 ふるさと巡りを終えて 第43回ふるさと巡りは出会ったすべての人々から、多くの言葉と経験をさせてもらいながら自分と向き合った最高密度の5日間となった。「コロニア…

Read more
«
»
Banner 468 x 60 px