Log In

新着記事

弾劾審議継続決めた下院議会 約6割の議員に何らかの訴訟

2016年4月22日

 17日に下院議会で行われた投票で、ジルマ大統領弾劾手続き開始請求の議会審議継続が決まった。非政府団体「トランスパレンシア・ブラジル」のデータを基にEBCポータルが行った調査によると、全513人の下議の58・09%にあたる298人に係争中または判決の出た訴訟があるという。アジェンシア・ブラジルが伝えている。  弾劾プロセスの継続に賛成した下議の58%、反対した下議の54%、棄権・欠席の議員は…

Read more

熊本地震への義援金募集 母県との長い交流へ恩返し

2016年4月22日

県民の窮状に県人会が立上がる  14日午後9時26分に熊本県益城町を震源地に震度7の地震が発生。現在も余震は続いており、死者59人、不明者13人、負傷者は千人以上(20日午前現在)にのぼる。この事態を受け、ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)では被災地への義援金募集運動を開始することを決定した。同県人会の田呂丸会長と清原健児副会長、日下野良武理事長、赤木数成書記が来社し、現在の状況を説明…

Read more

ロートル記者が行く米国南部① 学生時代の友人を訪ねて

2016年4月22日

豪華な田舎町ノークロスの町並み  アメリカ人女性と結婚して、日本からアメリカに移り住んだ学生時代の友人を訪問するために行った米国南部の町々。日本人になじみの深いニューヨークやロサンゼルスとは違い、南部訛りの英語等ちょっと違うアメリカ南部を満喫することになった。南北戦争(1861―65)で結果的には負組となった南軍の拠点だったジョージア州都のアトランタ市郊外で、友人が居を構える田舎町ノークロス郡の…

Read more

恒例の文協古本市 開場前から行列できる

2016年4月22日

 ブラジル日本文化福祉協会の図書委員会(川原崎隆一郎委員長)は17日午前9時から午後3時まで、同展示室で「秋の古本市」を開催した。  当日は8000冊もの古本が2レアルから10レアルで販売され、開場の30分前から列を作って並ぶ人も見られた。  古本市に来た人の中には、マンガや絵本を求めて来場した非日系人の若者の姿も多く見られた。  毎年古本市に訪れているというサンパウロ市在住の7…

Read more

「長い戦いの始まり」 大統領が会見で決意表明=弾劾請求

2016年4月20日

 ジルマ大統領は18日、大統領弾劾手続き開始を支持する報告書が前日の下院本会議で可決されてから初めてとなる会見を大統領府で行なった。下院での決定に憤りと不当な扱いを感じていると述べ、今後も弾劾に向けたプロセスに立ち向かうとの意思を表明。下院での決定は、自身の任期の終わりの始まりではなく、「長い戦いの始まり」と語った。  大統領は、連邦会計の操作が背任にあたるとの弾劾請求の指摘を改めて否定。同…

Read more
«
»

連載特集

ロートル記者が行く米国南部① 学生時代の友人を訪ねて

2016年4月22日

豪華な田舎町ノークロスの町並み  アメリカ人女性と結婚して、日本からアメリカに移り住んだ学生時代の友人を訪問するために行った米国南部の町々。日本人になじみの深いニューヨークやロサンゼルスとは違い、南…

Read more

モザイク

2016年4月22日

 多くの被災者が避難所生活を強いられている熊本の被災地で、不審者や不審車両が増えている。警察庁によると、16日から17日昼までに、熊本市を中心に空き巣や事務所荒…

Read more

2016年4月20日

 ジルマ大統領の罷免手続きが進んでいる。世論的には圧倒的に罷免させたい考えの人が多いようだが、17日前後のFacebooKやインスタグラムなどのSNSで友人の主…

Read more

2016年4月19日

 モロ・ブランコで一緒にバギーライドに乗ってからというもの、同じグループだったこともあり一緒に食事したり何かと仲良くしてもらった中村博毅、博子さん夫妻。二人とも…

Read more

2016年4月18日

 請井さんが取材時にマチコ夫人の料理は「何でも美味しい」と語ったことを本人に伝えると、「私にはそんなこと言ってくれたことない。いつも文句ばかり言って食べている」…

Read more

2016年4月15日

 身吉医師は「日本ではインフルエンザで学級閉鎖することをよく耳にするが、ブラジルの学校でそのようなことは聞いたことがない。日本はインフルエンザ大国だ」と話した。…

Read more
«
»

日系社会

熊本地震への義援金募集 母県との長い交流へ恩返し

2016年4月22日

県民の窮状に県人会が立上がる  14日午後9時26分に熊本県益城町を震源地に震度7の地震が発生。現在も余震は続いており、死者59人、不明者13人、負傷者は千人以上(20日午前現在)にのぼる。この事態を受け、ブラジル熊本県文化交流協会(田呂丸哲次会長)では被災地への義援金募集運動を開始することを決定した。同県人会の田呂丸会長と清原健児副会長、日下野良武理事長、赤木数成書記が来社し、現在の状況を説明…

Read more

国内

弾劾審議継続決めた下院議会 約6割の議員に何らかの訴訟

2016年4月22日

 17日に下院議会で行われた投票で、ジルマ大統領弾劾手続き開始請求の議会審議継続が決まった。非政府団体「トランスパレンシア・ブラジル」のデータを基にEBCポータルが行った調査によると、全513人の下議の58・09%にあたる298人に係争中または判決の出た訴訟があるという。アジェンシア・ブラジルが伝えている。  弾劾プロセスの継続に賛成した下議の58%、反対した下議の54%、棄権・欠席の議員は…

Read more

スポーツ

コパ・アメリカ100周年大会 グループ決まる

2016年2月23日

 サッカーの南米チャンピオンを決める大会として南米選手権(現コパ・アメリカ)が1916年にアルゼンチンで開催されてから100年を迎える今年6月、100周年記念大会「コパ・アメリカ・センテナリオ」が米国で開催され、南米サッカー連盟(CONMEBOL)加盟の10カ国と北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)加盟の6カ国、合計16カ国が参加、優勝を争う。  21日に米ニューヨークで行われた組…

Read more

灯台

本紙新年号企画「サンパウロ新聞誕生の秘話」記事への事実誤認について

2016年2月29日

 旧聞になる。今年の新年特集号に「本紙創刊70周年の回顧 サンパウロ新聞誕生の秘話」と題して3ページを割いて掲載した。その中にいくつかの事実誤認がある、という指…

Read more

ジャパンハウス、お粗末だった初のイベント

2016年2月26日

 鳴り物入りでスタートした日本政府のジャパンハウス。ようやく場所も確定し、動き出した。最初のイベントとして24日、サンパウロ美術館(MASP)でカクテルパーティ…

Read more

東京便り 日本人に認められ始めたブラジル食

2016年2月02日

 日本の中にブラジルの食生活が徐々に浸透しつつある。ブラジルから食材を輸入している貿易関係者の話によると、ブラジル料理の食材、食品輸入が増加しつつあるという。今…

Read more

東京便り 政界スキャンダルに揺れる日本政界

2016年1月26日

 週刊文春が口火を切った経済再生担当相、甘利明氏が建築業者から口利き料を受け取ったとする現金授受疑惑の波紋が広がっている。甘利氏は2月4日、ニュージーランドで行…

Read more

灯台拡大版 今年の注目事業㊦

2016年1月06日

リオ五輪大会支援委員会  今年、リオデジャネイロ市でオリンピック(8月)、パラリンピック(9月)が開催される。テレビや新聞などでは盛んに宣伝しているものの、サ…

Read more
«
»

新来記者日記

新来記者日記(桜)

2016年4月04日

 時が経つのは早いもので、新来記者が来伯して1カ月が経とうとしている。「まだ来たばかりで、何も分からないんです」というセリフで許されてきたことが、そろそろ通用し…

Read more

新来記者日記(桜)

2016年3月24日

 新来記者が来伯して約3週間が経った。大阪生まれ大阪育ちの新来記者はとにかくせっかちで、些細なことにイライラしてしまう。電車では1番に降り、トップで改札をくぐり…

Read more

新来記者日記(桜)

2016年3月15日

 ブラジルに来て10日ほどが経ちましたが、まだ日本にいるような感覚があります。日本食は簡単に食べられるし、街中を歩いていても日系人と思われる方とよくすれ違います…

Read more

新米記者日記(和)

2016年2月15日

 記者は14日に退社し、日本へ帰国する。約1年間という短い研修期間ではあったが、日系社会の皆様からは実に多くのことを教えてもらった。日本では薄れてきている義理や…

Read more

新来記者日記(海)

2016年1月18日

 ここしばらくの間、咳(せき)が止まらず非常に困った。持病もないし、アレルギーもなく、健康そのものだと思っていたのに……。夜になるとより一層ひどくなり、食事や睡…

Read more
«
»