―移住に賭けた我らが世界―第3章 転換期①

―移住に賭けた我らが世界―第3章 転換期①
ありし日の杉野忠夫

~もう一つの学生運動~ 日本学生海外移住連盟外史

学移連の精神的支柱だった杉野忠夫 ㊤
自ら筋骨を労する「労働の出来る知識人」

 これまで学移連の学生たちの活動の陰で精神的な支柱として大きな役割を果たして来た指導者がいる。第2章の記事の中にも何度もその名前が出てきた学移連顧問会の初代会長・杉野忠夫だ。

 杉野は1901年大阪に生まれ、東京帝国大学 法学部政治学科卒業後、京都帝国大学院 農史・農政学専攻入学、卒業後、京都帝国大学助教授。35年には「満蒙開拓青少年義勇軍編成に関する建白書」代表執筆、40年には満州国開拓総局参与就任に就任した満州開拓の指導者だった。

 終戦後は、高知大学農学部非常勤講師を経て、56年、東京農業大学教授・初代農業拓殖学科長に就任した。そして、60年、東京農大の移住問題研究会・事情研究会を統合し海外移住研究部が発足と同時に部長就任、62年、日本学生海外移住連盟顧問会の初代会長に就任した。65年、急性心不全の為逝去。 

 学移連創設当時から加盟していた東京農大の学生のみならず、学移連の学生の指導に携わり、精神面で大きな役割を果たして来た。「神の如き愛と英知に満ち、ゴリラの如く逞しき生活力を持った人間たれ」「Work before study」(学ぶ前に動け・実践せよ)。日本学生海外移住連盟の脆弱だった理念が、杉野によって理論的に確立された。これは今迄になかった「海外拓殖の理論と教育」(杉野忠夫著)から読み取れる『移住』の自然科学・人文科学・社会科学の面から、学問的に裏づけを行った唯一無二のものだった。一方この難解な考え方と戦前の業績から承諾できない連盟員がいたのも確かである。今も京都大学などで杉野を研究している方々もみえる。以下その足跡を取り上げる。【編集部】

◆連盟に寄せて 「真実への道」 杉野忠夫

 もう四十年もの昔の事になるが、私が東大の学生時代、同期生に志賀義雄君が居た。彼はいうまでもなく今日の日本共産党の代議士である。又、その同時代に早大に浅沼稲次郎君が居た。そして又、二高からの同期生に大宅壮一君が居た。この三君はそれぞれ独特の道を歩んで、天下の名士になった。日本ばかりでなく、国際的にも有名人となっている。大宅君の毒舌は別として、前二者の強烈な階級斗争主義に対して、私は大きな疑を持ち、私は私の行くべき道を求めて、その時代の嵐の中を左に右にゆすぶられながら歩んだ。そしてその間に人間が形成する歴史がマルクスの考えたような単純なものでない事を知り、人間を動かす力の奥底には百万年にわたる人類の総歴史があり、不可知の無限多様な力の総合がある事に感づいた。そして人類は百万年の間に幾多の困難―自然や社会の―に打ち勝って、着々と地球の表面に、その生活圏を拡げ、文化を創造し、その人口を増加していったという事実を知り、その過程が、あの単純な原始共産社会から始まる公式的な社会進化の論理では説明しきれぬ事を知り、もっと吾々の人類としての生命の躍動の泉から新しい歴史の創造力を引き出そうと考えるようになった。そして私は人類の頭として海外の末開発地帯へ吾々も行くべき使命があるとして開拓運動に身を投じたのであった。それから三十年の時が流れ日本の置かれた国際的な地位も大きく変り、今日では、世界の未開発地帯からの招待が大きくクローズアップされて来た。この大きな時代の潮流に乗って海外の未開発地帯に人類生活圏の拡大に努力する民族は栄え然らざる民族にはやがて衰亡の時代が来るであろう。ここ僅か四、五百年の短い植民史とその母国の老衰現象を見てもわかるが日本の現状は如何。私は数年前から日本学生海外移住連盟の運動の盛り上りを見て、ここにこそわが民族が人類史に足跡を印する歴史の端緒があると感じたが、それには大きな試練と脱皮が必要だと思う。

 海外移住には色々な行き方があるのはいうまでもないし、特に若きインテリともあれば技術者、指導者の立場でいこうと考え易いが実際に要求されているのは、自ら筋骨を労する「労働の出来る知識人」である。更に望ましい事はこの「労働の出来る知識人」がその「受入地で必要欠くべからざる人」である事である。移住者としての資格、しかも若きインテリのそなえるべき資格を身につけるのには脱皮が必要だというのは、日本の学校教育は労働をいやしみ、これを逃避する為の手段としている傾向が強いから、大学卒業生ともなれば、とうていフロンティアヘ行く能力を殆んど喪失するからである。その点で私は、海外移住連盟の学生諸君が一ヶ年の月日を学生時代に海外実習の実行にその汗と涙の真剣な体験に立脚して実相の調査をしようという計画は、これこそ真にフロンティアのパイオニアたる能力を作る最良の道であると確信するものである。

 もう現代の海外の未開発地帯の開発活動は単なる調査者の見学的調査の時代でなく、開拓者と苦楽を分ち合い、自らもその戦列に加わるインテリを必要とする時代である。移住連盟の最大の狙いがそういう人間形成を目的とし、そういう歴史的使命の達成に遭達するならば、将来の職種の如何を問わず、自らを脱皮する為に、自らを鍛える事が絶対必要ではないだろうか。真実への道は容易ではない。

 健斗を望むや切―。

(敬称略、つづく、鈴)

 註=この一文は日本海外協会連合会(海協連)の機関誌「海外移住」に寄稿したもの。

2018年12月4日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password