「サンパウロ、遠いわね~」 文協で初来伯公演が開演

「サンパウロ、遠いわね~」 文協で初来伯公演が開演
記者会見を行った美川さん(左)と大倉会長

美川憲一が記者会見で伯国への想い語る

 いよいよ明日13日に開演となる第2回ウィルフォン・チャリティーコンサート「美川憲一 IN サンパウロ」のために初来伯を果たした演歌歌手の美川憲一さん(本名=百瀬由一、長野県諏訪市出身)が11日、サンパウロ市セルケイラ・セーザル区のチボリ・サンパウロホテルで記者会見を開いた。同公演日は、『母の日』に当たり、ブラジル日本移民110周年記念行事の一環として開催される。

 会見の冒頭、美川さんは「ブラジル、サンパウロは初めてでございますけれど、遠いわね~」と語りかけ、「ブラジルは人がとっても優しく、穏やかな印象を受けた。コンサートが楽しみ。(日系社会は)曾(ひい)お婆さん、曾お爺さんの時代なんですかね。これからもブラジルをお元気で守っていただきたい。本当に一生懸命頑張りたい」とあいさつした。

 ウィルフォンの大倉満会長はあいさつで「思い出深い日本の歌を聴いてもらうことによって、その時間だけ移民の方々が日本に帰って、日本にいるような錯覚を起こしてもらいたい」とチャリティーコンサート企画への想いを語った。

 美川さんの海外公演は、昨年1月のロサンゼルス公演に続いて2回目となる。90分の公演では、リストアップされた15曲を歌い、うち4曲は客席を回りながら披露する。さらに、2度の衣装替えも予定されている。

 公演を通じて伝えたいことについて、美川さんは「カラオケで歌う人がたくさんいる時代。歌は聴く時代より、歌う時代に変わった。歌は互いの共通の最大の力を与えるものだと思う。みなさんそれぞれに歌の想い出がある。歌はその時代を振り返って思い起こしてくれる」と歌の力に言及し、「健康で元気でいることが私は一番だと思う。夢に躓(つまづ)いて、人生、『しぶとく、しぶとく生きましょう』。今はまさに『しぶとく生きる時代』」と自身のモットーを語った。

 『母の日』に公演を行うことについて、美川さんは「生みの親と育ての親の2人の母親がいた。ブラジルに来る前に墓参りに行き、『ブラジル行ってくるから守ってね』と報告してきた」と話した。

 会見では、他にもヒット曲『さそり座の女』や『柳ヶ瀬ブルース』制作の背景も明かしていた。

 来年の構想について、大倉会長は「来年は違う形でチャリティーをやりたい。美川さんが『歌は聴くものから歌うものに変わった』という話をしたが、ブラジル各地で1年間をかけたカラオケ大会を開き、最終の決勝戦に日本の歌手を招聘したい」と語り、日本の歌手に歌ってもらい、決勝の審査委員長も任せ、1年間全体の収益をチャリティーとして寄付するという。

 また、今回の公演で出た収益は、サンパウロ日伯援護協会、救済会、こどものその、希望の家の日系福祉4団体と、110周年記念祭典委員会の計5団体に寄付される。

 公演関係者は「当日チケットを受け取る予約者は、できるだけ早く会場に来てほしい」と呼びかけている。

2018年5月12日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password