【特集】第11回サルト日本祭り 市民が憩う催事に成長

第11回サルト日本祭り 市民が憩う催事に成長
舞台と一体となって賑わう観客

協会の工夫でマンネリ化防ぐ

第11回サルト日本祭り 市民が憩う催事に成長
広場を練り歩く長崎龍踊り

 サンパウロ州サルト市の恒例事業となったサルト日伯協会(寺坂クラウジオ会長)の「サルト日本祭り」が、今年も8月18、19両日、同市パビリオン・ダス・アルテスで開かれた。今年で11回目を迎えた同祭は好天に恵まれたこともあり、2日間で約1万2000人が訪れ、日本の文化、食事、特別アトラクションなどを楽しんだ。今回は新しい試みとして、18日には会場でコスプレコンクールが開かれ、コスプレファンの若い人たちが楽しんだ。また、19日にはブラジル日本移民110周年を記念してサルト日伯協会の85歳以上の会員5人が表彰された。

 昨年は雨にたたられたが、今年は2日とも快晴に恵まれた。サルト日伯協会によると、今年は会場の警備を強化したのを始め市が救急車を用意するなど観客の安全面に配慮した。

 また、家族連れが多いことから食べ物広場が広くなり、乳児のおむつを替える場所まで設置するなど痒いところに手が届く配慮に観客から「家族みんなが楽しめる」と好評だった。

 初日の18日には琉球太鼓や和太鼓のグループ3団体を始め、第1回目から欠かさず出場しているサンパウロのシャンシャン傘踊りの日本文化紹介だけでなく、地元のコーラスグループなどが入れ替わり公演、集まった観客は食べ物や飲み物片手に楽しんだ。

 新しい試みとして、地方のイベントでは珍しいコスプレコンクールも開催された。コスプレに身を固めた若者たちを一目見ようとコスプレファンが大勢集まった。審査の結果、19歳のアナパウラ・デ・アウメイダさんが優勝し、賞金の700レアルとトロフィーを獲得した。

 続く19日には相撲、柔道、空手のデモンストレーションを皮切りに地元のコーラスやダンスグループの公演、和太鼓、琉球太鼓が3グループ、健康体操も公演した。圧巻は、長崎県人会(川添博会長)が移民110周年記念式典のために準備した「長崎龍踊り」だ。この長崎龍踊りは長崎の郷土芸能として「長崎くんち」で披露されている踊りで、7月21日にサンパウロのフェスティバル・ド・ジャポンの式典会場で披露されたもの。川添会長は、「式典だけのために若者たちが練習していたものなんですよ。龍が重くて5分も踊れば息が続かないくらい激しい踊りなので、サルトから声をかけられたのですが、踊り手が揃うかどうか、苦労しました」と笑う。川添会長はサルト日伯協会の心意気に応え、応援に駆けつけてくれたのだ。観客からは、「こんな踊りは初めて見た」と驚嘆の声が上がっていた。

◆移民110周年を記念 高齢者会員に表彰状

 また、同日、来賓として招かれた野口泰司サンパウロ総領事がサルト日伯協会会員の85歳以上の高齢者5人(モリ・ミツヨさん、セキヤマ・レイコさん、イナガワ・テルコさん、シノダ・トシオさん、ハマヒガ・ソコさん)に感謝状を手渡した。

 その他には歌手のジョー平田のショーも披露され、観客は時間がたつのも忘れて一日楽しんだ。

 

サルト日伯協会10年の歴史 イタリア系移民の町に根付いた日系団体

 サルト市はイツーに隣接した目立たない町だ。イタリア系移民が作った町で日本人、日系人はごくわずかしか住んでいない。このため、10年前まで日系団体が存在していなかった。

 2008年、ブラジルの日系社会は移民100周年で活気を呈していた。日系人の多いサンパウロ州は州政府始めマスコミがこぞって日本人移民100周年を応援してくれていた。当時の市長はイタリア系だったのだが、現会長の寺坂始め数人の日系人を集めて切り出した。

 「君たち、今年は日本人移民100周年じゃないか。君たちも何かやるべきだ。我々市も応援するよ」。

 呼ばれた寺坂たちは頭を抱えた。寺坂は以前から日系団体を興そうと考えていたものの同市には日本人も日系人もごくわずかで、市長から声をかけられても、どうしたらいいのか、雲をつかむような話だったのだ。寺坂は友人の一世、坂上拓生に相談した。

 坂上も困惑した。日系団体も知らなければ、どうやってイベントをしていいのかもわからなかった。たまたま、サンパウロ新聞社に知己があり、そのつてで何とか第1回日本祭りを見よう見まねで実現させた。市の全面的バックアップと日本から同市に工場を作ったばかりの関東自動車工業の支援で乗り越えた。

 同社は工場進出の際、「我々は地元社会の発展に寄与するために進出した」というほど地元を大切にした企業だったことから、サルト日伯協会への協力を惜しまなかったのだ。

 初代会長に就任した寺坂は、毎年日本祭りを開催し、その規模を拡大してきた。当初、市の中心部の公園での日本祭りも手狭になり現在のパビリオン・ダス・アルテスに移して6年が経過した。会場を移したころから寺坂は、日本祭りの目的を変え始めた。「日本文化紹介だけでは意味がない。この日本祭りを日本文化普及だけではなく、様々な人種で構成されているサルト市民を一つにまとめるために利用できないか」。イタリア系移民が作り上げた町だけに大きなイタリア系団体が存在する。一緒にイベントを盛り上げることができないか、膝を交えて話し合い、コーラス、ダンスなど様々なグループに参加してきてもらった。それだけではない。黒人グループなどにも声をかけて毎年、数多くのグループの出演を実現した。

 寺坂は、「目的は達成できたと思う。我々小さな日系団体が日本紹介といっても限界がある。市民を統合し一緒になってサルトを多くの人に知ってもらうことをしてきたから、年々規模が拡大できた」と振り返る。

 寺坂たちは、毎年、市長とともにサンパウロ総領事を訪ね、出席を依頼する。「総領事が、こんな小さな町に毎年のように来ていただけるのは、市長始め市が熱心に協力してくれるからでしょう。これから10年先を考えて行動しないとね」と他の日系団体が行っている日本祭りとは一味違ったイベント作りに邁進している。(敬称略)

 

Mensagem

第11回サルト日本祭り 市民が憩う催事に成長

 Ao final da nossa 11º edição da festa nipo-brasileira de Salto, a sensação é de dever cumprido com as metas da nossa entidade: transformar esta festa como um dos mais importantes polos artísticos da cultura japonesa no estado, divulgar a nossa estância turística como polo turístico , promover a integração dos povos e fomentar entidades de visão social.

 Com o imprescindível espirito de voluntariado dos membros da ANIBRAS e de integrantes da sociedade local, selaram, vez por todas, a pujança da nossa festa. Aproximadamente 600 artistas passaram em nosso palco nos 2 dias de festividades levando cultura e entretenimento a todos que puderam visitar no Pavilhão das Artes, com entrada franqueada no melhor estilo democrático onde qualquer pessoa pudesse entrar e sair no momento que conviesse.

 Nossos agradecimentos aos patrocinadores e apoiadores que nos creditam seus nomes há quase uma década, dentre eles o JORNAL SÃO PAULO SHIMBUN, fortalecendo ainda mais o nosso desafio em se promover uma festa cada ano melhor, mais atraente, mais segura e melhor acolhida. Nossa reverência ao Cônsul Geral do Japão, YASUSHI NOGUCHI, pela presença e participação ativa , o que transferiu um brilho todo especial ao evento.

 Igualmente, nosso orgulho em poder levar apresentaçães artísticas maravilhosas de várias localidades, as quais nos remetem a um patamar de ser uma das maiores iniciativas artísticas do estado.

 A todos que contribuíuam para este sucesso, o nosso muito obrigado.

 Claudio Masanobu Terasaka.

 
2018年9月4日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password