【特集:本願寺】祝 辞 浄土真宗本願寺派第25代門主 大谷 光淳 

祝 辞 浄土真宗本願寺派第25代門主 大谷 光淳 
大谷 光淳
 このたび、南米開教区モジ・ダス・クルーゼス本願寺教会の寺基移転ならびに本堂・諸堂落慶の慶讃法要が厳修されますこと、心よりお慶び申し上げます。また、1950年創立以来、今日までお念仏のみ教えを受け継ぎ、モジ・ダス・クルーゼス本願寺教会の護持発展にご尽力いただいた歴代主管や有縁の皆様方に深く敬意を表し、感謝申し上げたいと思います。

 私たちは物事を自分にとって都合がよいように理解し、常に自己中心的なあり方から離れることのできない存在であり、それは阿弥陀さまに出遭って明らかになった私の本当の姿です。阿弥陀さまはこのような私たちを救いの目当てとしてご本願を建立され、その智慧と慈悲のすべてを南無阿弥陀仏の名号として成就されました。

 親鸞聖人が顕かにされた浄土真宗のみ教えを依りどころとする私たちは、愚かな存在である自身の身を嘆きながらも、阿弥陀さまのお慈悲に包まれたよろこびの中で、力強く人生を歩むことができるのです。

 このたびの落慶法要を機縁として、モジ・ダス・クルーゼス本願寺教会有縁の皆様方には、み教えがより多くの方々に伝わるよう、一層の充実した幅広い活動を展開されますことを念願いたします。

2016年7月2日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password