【2018年新春特集】ごあいさつ

日系社会の更なる発展に期待
在サンパウロ日本国総領事 野口 泰

日系社会の更なる発展に期待 在サンパウロ日本国総領事 野口 泰

 謹んで新年のお慶びを申し上げます。本年も宜しくお願い申し上げます。

 早いもので私がサンパウロに着任してから2ヶ月半が過ぎました。

 着任以来、日系社会の皆様方には熱くお迎えをしていただき誠にありがとうございます。それほど私に対する期待が高いということかと理解しております。微力ながら日系社会の発展のために頑張っていきたいと思っておりますので宜しくお願いします。

 日系社会のブラジルでの存在感、ブラジル社会への貢献は着任前も色々とお聞きはしていましたが、私の想像をはるかに超えるものでした。農業、医療、教育、経済、軍、警察、芸術、スポーツ等日系人の方々の活躍の範囲は幅広く、長い歴史があり、奥が深いものであると実感しております。改めて皆様方の貢献に敬意を表したいと思います。また、母県との絆を大切にされつつ、次の世代にバトンタッチされようとされている姿にも感銘を受けているところであります。

 昨年は5月にジャパン・ハウスがオープンし、当初の想定をはるかに超える入場者数に恵まれました。これも、日系人の方々が長年にわたって培って来られた日本に対する信頼があってこそこのような多くの方々の来場につながっているのではないかと思います。

 昨年10月28日には、日系人の若い方々が中心となって企画したリベルダージ地区の大掃除に参加させていただきました。多くの方々の参加をいただき、日本人の精神文化を代表するとも言われる大掃除を実施することにより、ブラジル国内で日本をPRできたのではないかと考えます。これによりリベルダージの治安の改善にもつながればと期待しています。若い日系人の方々のこうした取り組みを本当に心強く思っているところです。

 ご高齢の方々も負けてはいません。私も日系ゴルフ大会やマレットゴルフの表彰式に出席させていただきましたが、多くの高齢の方が参加しておられ元気で楽しんでおられるお姿を見て嬉しく思ったところです。そのほか、カラオケ大会や健康体操などでも大変ご活躍されているとお聞きしています。

 今年は日本人移住110周年の記念すべき年です。これまでの日系人の方々が取り組まれてきた貢献を振り返りつつ、日系社会の更なる発展を目指し未来志向のお祝いとなることを期待しており、可能な限り日系社会の方々のご要望にお応えできればと思っております。

 結びに、改めて関係者の皆様に敬意を表するとともに、本年の皆様のご健勝と益々のご活躍を祈念いたします。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password