こ4年で最低 企業資金需要が縮小

 セラーザ・エクスペリアン(Serasa Experian)の企業クレジット需要指標によると、2016年に資金を求めた企業の数は前年に比べて2.2%少なく、同年の企業によるクレジット需要はここ4年間で最も弱いものだった。セラーザが1月23日発表した。

 同社のエコノミストらによると、景気後退の深刻化から運転資金のための需要が縮小、低い水準にある企業家の景況感といまだ高い水準を維持している金利と相まって昨年の企業による資金需要にマイナスの影響を及ぼした。

 16年の資金需要の落ち込みは中規模企業と大規模企業で激しかった。中規模企業の需要は前年比12.0%減、大規模企業は同10.4%減。これらに対し、零細・小規模企業による需要の縮小幅は1.7%にとどまった。

 産業別では、工業が前年比5.0%減、商業が同3.6%減、サービス業が同0.1%減。

 また、全国の地方別では、ブラジル南部で唯一0.8%の伸びを記録したほかは軒並みマイナスとなった。北部は前年比5.6%減、中西部は同2.3%減、北東部は同2.4%減、南東部は同1.2%減だった。

2017年2月11日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password