イペランジアホーム 第23回ダリアまつり

イペランジアホーム 第23回ダリアまつり
来社した一行

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)傘下の高齢者養護施設「イペランジアホーム」(中田和夫運営委員長)主催の「第23回ダリアまつり」が、3月5日、12日の両日、サンパウロ州スザノ市の同ホーム(Estrada Tani,751)で開催される。開催時間は午前10時から午後4時まで。開会式は5日正午。中田委員長はじめ、関係者らが来社した。

 今年も約80種類、3500本のダリアが園内に咲き誇る。例年は約2000本だったが、来場者により楽しんでもらうため1500本増加。また、ダリア園に向かう遊歩道もアスファルトに整備され、車椅子の来場者でも園まで行きやすくなった。

 会場では各種日本料理やブラジル料理が販売され、特に「ブラジル一美味しい」という焼きそば(22レアル)と、毎回好評のニシンの魚定食(20レアル)がお勧め。他にも約20軒のバザリスタが出店、多くのアトラクション、飛び入り無料カラオケなどの催しが会場内で行われ、日伯友好病院による簡単な無料健康診断も行われる。

 来社した一行は「祭りと一緒に、現在行っている増築工事を視察してもらえたら。入居募集は近々に開始します。また、祭りには近隣の日本人家族や入居者家族など250人以上のボランティアの皆さんが手伝ってくれており、協力に感謝したい。花と食が一緒に楽しめるイベントにぜひお越し下さい」と呼びかけた。

 入場無料。会場の駐車場も無料になっている。また、当日はサンパウロ市リベルダーデ区の援協前(Rua Fagundes, 121)から送迎バスが出る。往復30レアル。問い合わせ、申し込みは援協事務局(電話11・3274・6590か、3274・6490)まで。

2017年2月17日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password