エタノール生産量 過去最大に 砂糖価格下落など影響

 自動車の燃料などとして使われるサトウキビ原料のエタノールの生産量が過去最大を記録した。国家食糧配給公社(Conab)発表として伝えた23日付伯メディアによると、2018/19年度(18年4月~19年3月)にブラジル国内で生産されたエタノールの量は前年度を23.3%上回り過去最大の335億8000万リットルに達した。一方、同じくサトウキビを原料とする砂糖の18/19年度の生産量は前年度比17.2%減、少なくともここ10年の間では最も少ない3135万トンにとどまった。

 同公社の農業ビジネスに関する情報の責任者によれば、エタノールの生産量の増大には主に、国際市場における砂糖の価格の下落と、ドル高および石油高というブラジル国内市場におけるエタノールにとって好都合なシナリオが影響した。同公社は報告書の中で「これらの要因が生産者らに、エタノールの生産に向けるサトウキビの数量を増加させた」としている。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password