カーニバル明け HIV検査増加傾向=ブルメナウ

 ビールの祭典「オクトーバー・フェスト」で知られるサンタ・カタリーナ州ブルメナウ市では、カーニバル明けにHIV(エイズウィルス)検査の受検数が増加するようだ。感染症サーベイランス(調査・監視)によると、同市でのHIV検査の受検数は通常は1カ月に500件程だが、カーニバル後には800件を超えるという。

 7日付で伝えた伯メディアによると、同市では2016年に入ってから40人がHIV検査で陽性と判定されており、3000人が病気を制御するために投薬を受けている。また、15年の1年間だけで受検数は9000件に上り、そのうち405件が陽性と判定された。

 ブルメナウ市、バルネアーリオ・カンボリウー市をはじめとするバーレ・ド・イタジャイ地方に属する12市は、人口10万人当たりの感染者数が全国平均(20人)を上回っている。

2016年2月9日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password