クルゼイロが連覇 優勝回数 最多の6度に

 サッカーのブラジル国内カップ戦「コパ・ド・ブラジル」2018年大会の決勝第2戦が17日夜、サンパウロ市内の「アレーナ・コリンチャンス」で行われ、10日に行われた第1戦を1―0でものにし、第2戦で引き分けても優勝という有利な立場にあったクルゼイロがホームチームのコリンチャンスを1―2で退け、17年大会に続いて栄冠を手にした。連覇は1989年に始まった同大会史上初。クルゼイロの同大会制覇はこれで6度となり、これまで5度で並んでいたグレミオを引き離して優勝回数単独最多となった。

 今回の優勝でクルゼイロは約5000万レアル(約15億円)の優勝賞金を手にしたほか、南米最強のクラブチームを決める「リベルタドーレス杯」2019年大会の本戦出場権を獲得した。

 なお、同大会を通してクルゼイロが獲得した賞金の総額は、決勝トーナメントへ駒を進めた時に得た240万レアル、準々決勝進出で得た300万レアル、準決勝進出で得た650万レアル、そして優勝賞金を合わせて6190万レアル(約18億円)に上る。

2018年10月19日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password