コチア青年忘年会に130人 ビュッフェ・奄美で一年振り返り

コチア青年忘年会に130人 ビュッフェ・奄美で一年振り返り
あいさつする前田会長(右から2人目)

コチア青年忘年会に130人 ビュッフェ・奄美で一年振り返り
乾杯するコチア青年たち
 コチア青年連絡協議会(前田進会長)主催の忘年会が、12月7日正午頃からサンパウロ州バルジェン・グランデ市の「ビュッフェ・奄美」で行われ、総勢130人の参加者で1年の労をねぎらった。

 来賓として、文協の水本セルソ第2常任理事、飯星ワルテル連邦下議(補欠)の代理で出席した加藤ケイシ氏、コチア市市会議員の市本セルソ氏が参加し、あいさつを述べた。

 あいさつに立った前田会長は「たくさんの人の協力をいただき、悔いのない1年を過ごせました。今年(2016年)の催しとしては、3世の訪日が残っていますが、今年もお世話になりました。皆さんの力があってのコチア青年。来年もよろしくお願いします」と1年を振り返った。

 コチア青年1次8回生の西川忠雄さんの音頭で乾杯後は、カラオケが楽しまれた。

 会場となった「ビュッフェ・奄美」のオーナーで、コチア青年2次4回生の肥後英樹さん(76、鹿児島)は、「仲間と楽しく過ごせることが一番幸せ。皆の喜んでいる顔を見ると『ビュッフェ・奄美』の仕事もやりがいを感じる」と話した。

 忘年会には必ず参加しているというコチア青年1次1回生の村上正さん(85、熊本)は「『今年こそ1次1回生のコチア青年に会えるかなあ』と思って、毎年楽しみに参加しているけれど、今年も1人しか会えなかった」と寂しそうに話した。

2017年1月4日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password