コロニア歌姫エンジュさん 日本でソロ歌手デビュー

コロニア歌姫エンジュさん 日本でソロ歌手デビュー
「レインボー1万人の歌謡曲」で熱唱するエンジュさん(株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー提供)

歌謡曲「いとおしい」を発売

 【大阪発=山崎功祐記者】日本音楽サンパウロ州ジュニア大会や日本音楽ブラジル全国大会で優勝し、2013年の県連主催フェスティバル・ド・ジャポンのミス日系コンテストで「ミス・サンパウロ」に輝くなど、ブラジル日系社会の芸能界で実績を残しているエンジュ(本名=島田デボラ・エンジュ、3世)さんが今月、日本でソロ歌手デビューを果たした。

 7日には、歌謡曲「いとおしい」を発売した。同曲は、エンジュさんのプロデューサーであり、日本を代表する作詞作曲家の中村泰士氏の書き下ろし。

 中村氏は、細川たかしの「北酒場」やちあきなおみの「喝采」など、数々の日本の名曲を作詞作曲している。また、歌手の育成にも定評があり、今年78歳になる同氏が「年齢的に、これが最後かな」と語ったことから、「最後のプロデュース新人」として、日本のスポーツ紙上などで、早くもエンジュさんが注目され始めている。さらに、デビュー曲に関して、「売り上げ2万枚、ファン20万人を最低保証します。レコード大賞新人賞を目指したい」と宣言したことにも注目が集まっている。

 9日には、中村氏が大阪を「歌謡曲の聖地」にしようと企画した音楽イベント「レインボー1万人の歌謡曲」が大阪城ホールで開催された。日本の有名歌手の小柳ゆきや夏川りみ、水谷千重子らが出演する同イベントに特別出演として7分間、約1万人の来場者の前で「いとおしい」を熱唱した。

 1万人という大観衆の前で歌ったのは、3年前に来日してから日本では今回が初めてというエンジュさんは、「緊張と快感が混じったような、舞台で歌う時に感じる独特な感覚を今回も持つことができた。ブラジルで歌う時、子どもの頃から感じていたものと同じです」と力強く語った。

 エンジュさんは7歳の時、演歌の指導者だった祖母の故、延寿(えんじゅ)ヨネコさん(3世)に演歌を教えてもらったことがきっかけで、日本文化に興味を持ち始めたという。その後、演歌だけでなく、和太鼓や三味線にも興味を持ち、現在ではいずれも高い演奏技術を持っている。

 2年前に他界したヨネコさんについて、「ばあちゃんは、今も必ず見守ってくれています」と語るエンジュさん。1万人の前で歌い終えたばかりのこの会場に、もしヨネコさんがいたら、何を伝えたいかという記者の質問に涙を浮かべながら、「頑張っています。今は、まだそれだけ」と、日本でプロの歌手としてのスタートを切ったばかりの純粋な気持ちを語ってくれた。

2017年4月20日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password