サンカエターノ工場の400人解雇へ=GM

 8日付伯メディアによると、米自動車メーカー、ゼネラルモーターズ(GM)の伯法人はサンカエターノ・ド・スル工場(サンパウロ州)の労働者少なくとも400人をここ数日の間に解雇するようだ。解雇されるのは2014年11月から一時解雇(レイオフ)されているグループ819人の一部。地元金属労組のアパレシード・イナシオ・ダ・シルバ会長は、GM側は同グループ全員を解雇したい考えだったが、労組側は交渉の末、半数の一時解雇期間の延長を勝ち取ったとしている。延長期間は今のところ未定。同工場ではほかにも900人が一時解雇されており、10月に復職する予定となっている。

2015年7月11日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password