サンパウロ州内の刑事施設 女性の被収容者が10年で9割増

 サンパウロ州内の刑務所などの刑事施設に収容されている女性の数が10年前から90%増加した。2007年には6531人だった女性の被収容者数は、17年には1万2438人となっているという。同州刑務所管理局(SAP)による調査を基にメトロジャーナルが5日付で伝えた。

 カンピーナス地域のカンピーナス、モジ・グアスー、ピラシカバに所在する施設では、計1427人の定員に対し1710人が収容されている。

 関与した犯罪の種類で最も多いのは麻薬取引に関するもので、昨年1年間に8434人がこの犯罪により勾留されている。盗難は1500人、窃盗は832人だった。

 カンピーナス市の文民警察薬物警察署を3年半の間指揮するオズワルド・ディエス署長は、麻薬取引における女性の役割が過去数年間に変化していると述べている。

 同署長によると、多くの女性達が、夫やパートナーに代わって組織内で重要な立場に就くようになっているという。同署長は、「現在、多くの女性達が取引を指揮する立場に立っている」と述べ、「女性が指導的な役割に就く事が、ますます一般化している。女性は単なる仲間ではなく、ビジネスパートナーになっている」と付け加えている。

 組織犯罪の罪で勾留された女性の数は、15年の62人から昨年は87人に、誘拐の罪で勾留された女性は同期間に145人から160人へ増加した。殺人罪で勾留された女性も、649人から673人に増加しているという。

 政府は、刑事施設における女性被収容者の急増に対応するため、過去6年間に2億6500万レアルを投資し、女性特有の必要に応じた5カ所の施設を建設している。

 同管理局によれば、女性用の古い刑事施設は、男性用の施設を改造していたため、新たな専用施設の建設は前例のない措置だという。

 今年3月にボトランチン市に建設された最も新しい施設には、授乳専用のエリアがある別館や、多目的利用のステージがある中庭のほか、子供のいる被収容者が再教育の活動を行うための部屋もあるという。

2017年6月7日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password