サンパウロ市の1月 史上2番目の暑さ

サンパウロ市の1月 史上2番目の暑さ
2月の初日、サンパウロ市内の気温計は37℃に(撮影/米沢心)

 リオ・デ・ジャネイロ市でここ97年間で最も高い平均最高気温を記録した今年1月は、サンパウロ市にとっても非常に暑い1カ月だった。

 国立気象観測所(Inmet)によると、今年1月にサンパウロ市の最高気温が30℃を超えなかったのはわずか5日だけで、同市で観測された今年1月の平均最高気温は1943年開始の観測史上、2014年1月に記録した31.9℃に次いで2番目に高い31.8℃に達した。これは、過去の1月の平均最高気温(27.8℃)よりも4℃高い。

 また、今年1月の平均最低気温は20.5℃と過去の平均(18.6℃)よりも1.9℃高く、15年1月に記録した21.1度に次ぐ観測史上2番目の高さだった。

 サンパウロ市内で今年1月に観測された最も低い気温は26日の16.5℃、最も高い気温は30日の35.1℃だった。

 この暑さは2月に入ってからも続くようだ。国立気象観測所の気象学者は「我々の予想では(2月の)平均である28℃を少し上回る」が、1月ほどの厳しい暑さにはならないだろうとしている。

2019年2月1日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password