スピコンと弁論大会 出場者を募集中 締め切りは8月14日

スピコンと弁論大会 出場者を募集中 締め切りは8月14日
来社した一行

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)とブラジル日本語センター(立花アルマンド理事長)共催の「第38回スピーチコンテスト」と「第11回弁論大会」が、9月24日午後1時からサンパウロ(聖)市ビラ・マリアーナ区の栃木県人会(Rua Capitão Cavalcante, 56)で行われる。現在、同センターでは出場者を募集している。

 スピーチコンテストの参加資格は14歳から40歳の聖州、マット・グロッソ、南麻州、もしくは三角ミナス在住者で、Aクラス出場者は日本語能力試験N2程度かそれ以上、Bクラス出場者は同試験N3程度の能力を有すること。通訳や教師など日本語を職業とする人は応募不可。テーマは自由(宗教、政治に関する内容は不可)で、発表時間は3~5分。

 弁論大会は、16歳から40歳までの同能力試験N3程度かそれ以上の日本語能力を有する人。国籍、職業、居住地は問わない。弁論テーマは「もったいない」で、発表時間は5~6分。

 申し込みは、同センターまたは同センターウェブサイト(www.cblj.org.br)で申込用紙を入手の上、スピーチ(弁論)原稿を添えて同センターまで提出。応募締め切りは8月14日必着。定員30人まで。

 案内に訪れた県連の下川孝三重県人会会長と同センターの池本千草事務局長、日本語教師の後藤久珠子さんは「応募する前に諦めてしまう人が多いので、たくさんの人に応募してほしい。自信を持って挑戦してもらえれば」と参加を呼びかけた。

 申し込み、問い合わせは同センターのエリカさん(E―Mail=evento1@cblj.org.br、または電話11・5579・6513)まで。

2017年7月25日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password