デモで国境封鎖 「友情の橋」が通行止めに

 ブラジルとパラグアイの国境に架かる「友情の橋」(ポルトガル語でPonte da Amizade)が7日、パラグアイ側で行われたデモの影響で通行止めとなり、両国間を行き来する人々にとっての主要な国境の一つが事実上封鎖された状態となった。

 同日付で伝えた伯メディアによると、友情の橋が架かるパラグアイ側の街、シウダー・デル・エステ市では7日早朝から、同市のサンドラ・サカリアス市長の任期剥奪を求める市民らが商業施設が多く集まる繁華街の道路を埋め尽くし、タイヤを山積みして燃やすなどしながら抗議活動を展開した。

 デモの現場は友情の橋から近く、パラグアイの警察は放水砲を備えた車両や騎馬隊、機動隊を動員して、群衆が橋に近付かないように道路を封鎖した。

 この混乱によって友情の橋は朝の早い時間に通行止めとなった。そして、その数分後に通行止めは解除されたが、午前10時半に再び完全に封鎖された。正午過ぎに約15分間、許可された車両だけを通過させるために通行止めは一時的に解除され、その後はまた封鎖された。

 シウダー・デル・エステ市役所は2カ月前、市政に絡む汚職の告発によって連邦政府の監査を受けた。そして、サンドラ・サカリアス市政には30件の不正行為があったと結論付けた監査人の報告書はこの日に、同国の下院議会で採決されることになっていた。

2019年2月7日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password