ハイネケンによるブラジル・キリンの買収を承認=Cade

 日本の公正取引委員会に当たる経済防衛行政審議会(Cade)は5日、オランダのビールメーカー、ハイネケン(Heineken)によるキリンホールディングス(磯崎功典社長、本社=東京都)の完全子会社、ブラジル・キリン(Brasil Kirin)の買収を制限なしで認める決定を下した。伯メディアが同日付などで伝えた。

 この買収によりハイネケンのブラジル国内におけるシェアは19%に上昇。同15%のペトロポリス・グループ(Grupo Petrópolis)を抜き、最大シェア(65%)を持つアンベブ(Ambev)に次ぐ2位となる。

 キリンホールディングスは今年2月に、「単独で安定的な高収益事業へと転換していくには限界がある」ことからブラジル・キリンの自主再建を断念し、22億レアル(約770億円)でブラジル・キリンをハイネケン・グループへ譲渡する契約を結んだと発表していた。

2017年5月9日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password