バスと地下鉄のストで サンパウロ市民の足に影響

バスと地下鉄のストで サンパウロ市民の足に影響
地下鉄リベルダーデ駅に表示されていた運行表(15日午前)

 サンパウロ市で15日、バスと地下鉄の部分ストが行われ、それぞれの地区や一部区間によっては通常通り動いていたものの、午前中は普段よりも人通りが少なく、市民の通勤に影響を及ぼしていた。

 地下鉄リベルダーデ駅では、1号線(青)がアナ・ローザからルスまで、2号線(緑)がアナ・ローザからクリニカスまで、3号線(赤)がブレッセル・モッカからマレシャル・デオドロまでが通常通り運行しているなどの表示が出ていた。

 アナ・ローザ駅からリベルダーデ駅まで地下鉄に乗ってきたという70代の日本人女性は「いつもより人は少なかったけれど、大して問題はなかったよ」と話していた。

 リベルダーデ広場周辺では、各銀行の職員の足にも影響を及ぼしてか、15日午前中はイタウ銀行などで長い列を作っているところもあり、ストの影響は通勤者以外の市民の生活にも及んでいた。

2017年3月16日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password