ビューティーフェアに450社

写真:ヘアスタイリストの実演に見入る来場者
専門家による実演や品評会など

 南米最大の美容業界商品見本市「ビューティーフェア」(池崎博文名誉実行委員長)が、8月28日から31日までの4日間、聖市のエキスポ・センター・ノルチで開催された。

 450社が参加し、900点を超える各種製品が出品された会場は、専門、小売、パビリオン、ビジネスと大きく4つに区切られ、専門家による専門家のための実演やワークショップ、サマーコレクションの品評会、また池崎美容商会による即売会などが行われ、週末、平日関わらず連日多数の美容業界関係者が訪れた。

 本フェアでは、ビジネス、ヘア、マニキュア、エステ、メイクと5部門に分けられ、それぞれ討論会や講演会などが行われ、講演開始前から入り口に並ぶ出席者も見られた。

 この度、ブラジル初進出となるケミコスクリエイションズ(服部勝髙代表取締役社長)も出展。同社は、パリやニューヨーク、香港、日本での美容見本市にも出展し、ブラジルの規模は大きいと話す服部社長は、「第一印象では、ヘアやマニキュア関係は多いと感じる。まだまだメイクアップは上向きだろう」とブラジルの実情を捉え、伯国を拠点に南米で同社の製品を広げる展望を話した。

2010年9月4日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password