ピラール・ド・スール 母の日・父の日発表会

ピラール・ド・スール 母の日・父の日発表会
全生徒による合唱
ピラール・ド・スール 母の日・父の日発表会
ユーモアたっぷりに演じる生徒たち

 ピラール・ド・スール日本語学校(南満校長)主催の恒例「母の日・父の日発表会」が、11日午後6時半から同文協会館で行われ、会場には父母だけでなく祖父母や卒業生など約100人が訪れた。

 発表会では阿部勇吉文協会長、学務理事の中村昭一氏のあいさつ、南校長の感謝と激励の言葉に続き、生徒代表の高倉ありささん(13)が登壇。「いつも私達のために色々なことを頑張ってくれてありがとう。兄弟げんかをして困らせたり、言う事を聞かなくて怒らせたりしてごめんなさい。でもお父さん、お母さんのことが大好きです。今日はいい発表を見せたいと思いますので、楽しんで見てください」と父母への感謝の気持ちを表した。その後、母の会の南まゆみ会長と不在の父兄会長に代わり、父兄会会計の中村きよしさんが祝いのケーキカットを行った。

 同発表会は舞台での発表だけでなく、会場の掃除や準備から夕食作り、後片付けまで全て日本語学校の生徒が実施。発表会の出し物と共に、毎年父母が楽しみにしている手作り日本風料理の夕食では、ひじきご飯、肉じゃが、サラダなどが振る舞われた。食後、日本語学校生徒による劇、踊り、コントなど8つの発表が約1時間半にわたり行われた。

 また、全生徒による合唱や各種楽器を用いた合奏も披露された。今年の曲は昨年のNHKの連続ドラマの主題歌にもなった「365日の紙飛行機」。合奏では、昨年日本に帰国した元鹿児島県研修生で同校に勤務していた元教師が用意し送ってくれた楽譜を用い、多くの生徒は授業だけでなく毎日家で練習をして覚えてきたという。

 この日、司会を務め、4月から同校で研修をしている富山大学の松名瞭太教諭は、「すごかった。練習では最後まで合奏も合唱もいま一つで、どうなるのかと心配していたが、本番では合奏は完璧で合唱も今まで聴いたことのないぐらい元気な声できれいに歌っていた」と驚きの表情を見せた。

 出し物の発表後、子供達は手作りの写真立てをお母さん達にプレゼントし、お母さん達は感激した面持ちで子供と抱き合ったりして喜びを見せていた。

 発表会終了に際し、母の会の南会長が「今日は子供たちの色々な発表を楽しみにして来ました。小さい生徒の踊りはとてもかわいく、面白い劇も見れて、おいしいご飯も食べることができて満足しています。今日はとても楽しい思い出がたくさんできました。この会を開いてくださった学校の先生方や関係者のご指導を心から感謝いたします」と謝辞を述べた。

 劇を発表した5年生の丸屋あゆみさん(13、4世)は「今年の発表はとても良かった。皆が笑って幸せそうにしていて、とても嬉しい。今までで一番いい発表会で、ずっと忘れないと思う」と満足そうな笑顔を見せていた。

 2人の娘を日本語学校に通わせている40代の井伊百合子さん(3世)は「出し物は、みんな良かった。大きい子たちのコントはさすが。いつも面白い」と率直な感想を語り、孫の発表を見に来た70代の南夏子さん(2世)は「歌も演奏も、すごくきれいだった。先生たちの指導のお陰よね」と、子供達の成長や普段見せない姿、また日本語の勉強だけに留まらない日本語学校での教育活動の成果を感じていた様子だった。

2018年5月25日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password