フラメンゴ火災 トレセン建設申請に宿舎の記載なし

 14~17歳の少年選手10人が亡くなり3人が負傷した名門サッカークラブ「フラメンゴ」のトレーニングセンター宿舎火災に関し、伯ニュースサイト「G1」は11日、フラメンゴが建設許可を得るために2010年にリオ・デ・ジャネイロ市当局へ提出したトレーニングセンター建設計画書には、宿泊施設の設置は記されていなかったと報じた。リオ市当局はこの計画書に基づいて11年9月にトレーニングセンターの建設を許可していた。

 報道によると、フラメンゴが市に提出した建設計画書の上では、今回の火災で焼け落ちた宿舎があった場所には倉庫、洗濯室、管理事務所、駐車場などが設置されることになっていた。また、情報筋の話によると、18年に更新された計画書にも、少年選手達が寝泊りしていた宿舎の記載はなかった。

 リオ市は声明で、このトレーニングセンター建設計画に対して市が与えたのは建物の建設許可だけであり、その使用については許可していないと説明している。リオ市は、トレーニングセンターは建設途中であり、そのため同センターは、市によって定められた要件に従って建設され、人が使用できるものとして完成した施設であることを証明する証明書は持っていなかったとしている。

2019年2月11日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password