ブラジリアが国内唯一 女性の給与が男性を上回る

 19日に公表された労働省の「社会情報年次報告書」(Rais)の過去10年間のまとめは、首都ブラジリアと26の州の中で女性の平均給与が男性のそれを上回っているのはブラジリアだけであることを示している。2007年から16年までの数字を集計、分析した調査の結果によれば、ブラジリアにおける男性の平均給与は5196.10レアル、女性の平均はそれよりも大きい5261.80レアルだった。伯メディアが20日付で伝えた。

 数の上では、ブラジリアの労働市場は圧倒的に男性が占めている。同地の労働者数は男女を合わせて125万人だが、そのうちの62%は男性で、女性は残りの38%、47万4000人しかいない。

 男女間に依然として大きな賃金格差(男高女低)があると雇用・所得調査などで指摘される。労働省の調査では、07年時点の女性の平均給与(全国)は男性に比べて17%低く、10年後の16年時点でも女性の給与の方が15%低かった。そんなブラジル国内にあって、なぜ、ブラジリアで働く女性の平均給与が男性を上回っているのか。

 ブラジリアで職についている女性の過半(50.7%)はサービス業に従事しており、29.5%は収入がより大きい職である公務員として働いている。労働省は「給与が高い、高レベルの職業への女性の集中が見られる。したがって、官公庁に勤める女性達の給与が、ブラジリアの女性の平均給与の引き上げに寄与していると言うことができる。これは、官公庁での正規雇用が集中しているブラジリアの特色だ」としている。

 産業別に全国の数字を見た場合、女性労働者の数が男性の数を上回っているのは官公庁、つまり公務員だけだ。調査によれば、ブラジル全国に880万人分ある公務員の職の59%は、女性によって占められている。

2018年2月21日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password