ブラジルの5水力発電所 12月に競売開始

 ブラジルの5水力発電所は、12月に入札を開始する。他の5発電所は12月の競売から除外する。
 競売に参加する水力発電所は、テレス・ピーレス発電所(パラー州都マットグロッソ州都の境にあるテレス・ピーレス河1820MW)、シノプ発電所(前と同様のテレス・ピーレス河、461MW)、サンロッケ発電所(サンタカタリーナ州中央部のクリチバーノス市・ポンテ・アルタ市、214MW)、リベイロ・ゴンサルベス発電所(ピアウイとマラニョン両州境を流れるパルナイーバ河のリベイロ・ゴンサルベス市、113MW)、カステリャノア発電所(ピアウイ州ウルクイ山脈ノ畔、国道135号の畔、64MW)の5発電所である。

2010年10月9日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password