ブラジルの2013年を回顧する

 ジルマ政権3年目の今年は、公共交通機関の運賃値上げに端を発した抗議デモが国内各地を席巻した。過去最大の汚職事件とされるメンサロン事件の被告に対する処置やジルマ大統領が推進している医師拡充政策などの大きなニュースも、結果的に連日報じられる抗議デモやそれに伴って発生した暴動によって影を潜める形に終わった。スポーツでは、来年にブラジルで開催されるサッカー・ワールドカップ(W杯)の前哨戦とされるコンフェデレーションズカップ(コンフェデ杯)でブラジル代表が圧倒的な強さで優勝するなど明るい話題も多かったが、W杯の開催競技場のインフラ整備の遅れや相次ぐ工事現場での事故などにより、国内外を問わずブラジル開催に対する不安を残した1年でもあった。政治、社会、スポーツなど各カテゴリーごとに今年あった主なニュースを抜粋し、この1年間を振り返ってみたい。

【政治】
◇1月
・各市で新政権スタート、歳出削減が各市長の課題
・ルーラ&ハダッド会談、政権安定に向け助言
・脱税罪でさらに懲役4年、メンサロンのバレーリオ被告

◇2月
・上下院の新議長選出、暗いイメージの解消なるか
・ボルサ・ファミリア拡張、来年の大統領選への基盤づくり
・ロシアとの関係を強化、ジルマ大統領が首脳会談

◇3月
・労働雇用相ら3閣僚交代、大統領選に向けた支持集めか

◇4月
・90億レアルの政策提案、水資源確保の大型インフラも
・住宅支援事業で中間搾取、ジルマ大統領が可能性認める

◇5月
・過去30年のサンパウロ市長支持率、マルタ元市長がトップ
・医師不足への取り組み、国外から医師を「輸入」
・12カ国に対し債務免除、伯政府のアフリカ外交政策

◇6月
・抗議デモが軍警察との衝突に発展、パウリスタ大通りなど各地閉鎖
・ジルマ大統領の支持率低下、2年前の就任以来初めて
・医療行為法案が可決、医師限定の医療行為を定義
・運賃の値上げを撤回、ハダッド市長「和解のため」
・一連のデモで初の死者、ジルマ大統領は訪日を延期

◇7月
・サンパウロ州など主要街道を封鎖、国内9州の街道で抗議活動
・スペインとポルトガルを優先、キューバ人医師の受け入れ中止
・米国への情報漏えい問題、調査委員会の発足が決定

◇8月
・医師拡充政策の波紋、政策廃止求め抗議デモ再び
・セーラ元サンパウロ州知事が談合指示、シーメンス社の社内メールで発覚
・米国の情報監視活動、ブラジル政府は説明を要求
・キューバ人医師受け入れ、26日までに400人が来伯

◇9月
・多くの医師が欠勤「医師拡充政策」初日
・ジルマ大統領訪米中止、両国間の通商に悪影響か
・メンサロンの再審決定、メロ判事の1票が決め手に
・新党2党の発足承認、連帯と社会秩序共和党

◇10月
・「レデ党」承認ならず、マリーナ氏の動向に注目
・マリーナ氏がPSB入党、大統領選への出馬を視野
・聖市とリオ市でデモ再び、規模は6月以降で最大
・交通事業の汚職容疑、アルストム社との癒着か
・聖市役所の元職員逮捕、過去最大の汚職事件発覚

◇11月
・建設会社の理事が自供、聖市役所職員への贈賄認める
・IPTU増税に待った、裁判所が暫定差し止め令
・電車カルテル汚職事件、容疑者らの資産凍結
・PT党の党内選挙、ファルコン党首が再選
・メンサロン再審理開始、ジルセウ被告らは減刑要求

◇12月
・燃料の卸売価格値上げ、ガソリンは4%上昇

【社会】
◇1月
・警官の人命救助を禁止、倫理面から疑問視する声も
・新法案から約1年経過、聖市内の歩道は改善されず
・麻薬常習者を強制入院、一斉捜査から1年後に始動
・禁酒法がさらに厳格化、少量の飲酒でも罰金対象に

◇2月
・USP建物占拠、学生ら被告72人を起訴
・米アップル、「iPhone」商標でブラジル企業を提訴
・反体制ブロガーが来伯、抗議デモなど混乱を招く
・新学期開始に間に合わず、児童5624人が入学待ち
・小学3年にも留年制度、聖市役所が来年度から実施

◇3月
・委員長選出がデモで延期、フェリシアーノ下議が就任
・米入国ビザ免除制度、伯国側の異議で交渉難航
・連邦医師審議会が支持、人工妊娠中絶の範囲拡大

◇4月
・インジオがホテルを占拠、先住民地区の境界設定を要求
・不法移民が急激に増加、アクレ州が非常事態宣言
・豚インフルエンザ、サンパウロ州で死者2人発生
・個人所得税の不正申告、国税庁が取り締まり強化

◇5月
・サンパウロ市の深夜市場、裁判所命令で閉鎖が中止
・15カ国目の同姓婚認可、同姓カップルから祝福相次ぐ
・ゲイパレードの治安問題、主催者や参加者らは不安隠せず
・路上騒音の取り締まり、罰金1000レアル以上を規定

◇6月
・マリフアナ・マーチで、警察と参加者の間で衝突
・増加するボリビア移民、ポルトガルに次ぐ規模に拡大
・パラー州の私立病院で、12日間で新生児25人が死亡
・白血病治療薬などの薬剤、伯政府が国内製造を発表
・マルジナル・チエテ、バス専用車線侵入に罰金

◇7月
・「世界青年の日」の初日、リオ市のパレードで熱烈歓迎
・トラック運転手らがスト、サンパウロ周辺の街道を封鎖
・ブラジル全土で決行、各地で白衣のデモ行進
・「ゲイ治療法案」棚上げ、人権委は近日中に代案提出
・国内で猛威振るう寒波、ホームレスの凍死者が続出

◇8月
・日本漁船に捜査のメス、マグロ200トンを押収
・大竹富江氏の生誕100年、国内各地で記念個展を開催
・軍警機動隊の司令官解雇、原因は抗議デモへの対応
・聖市での起業を円滑化、工事完了証明書が不要に
・添加物禁止を一部延期、たばこ産業からの強い圧力

◇9月
・聖市地下鉄の連絡通路、動く歩道の故障で大混乱
・USPレステに罰金、土壌汚染で教員はスト突入
・公共交通機関の無料化、60~64歳も新たに対象に
・火災による焼失から3年、ブタンタン研究所が再オープン
・処方せんの発行業務、25日から薬剤師も可能に

◇10月
・USPが無期限スト、学生らは中央事務局を占拠
・メガセナ1等当選者現れず、2293万レアルが無効に
・サンパウロの環境車検、契約解消で来年まで一時中止
・動物への虐待を主張、研究所に活動家らが侵入
・聖市パウリスタ大通り、制限速度が時速50キロに

◇11月
・観光ビザ交付の新法案、ブラジル入国時の申請が可能に?
・ロシアで拘束中の伯国人、アナ氏が一時保釈処分
・ガレオン空港とコンフィンス空港、208億レアルで落札
・20年万博で聖市は落選、開催地はドバイに決定

◇12月
・北大河州の大干ばつ、過去50年間で最も深刻
・先住民約1200人がデモ、境界線設定の政府案に反対
・亜国の輸入規制緩和、伯国製品の輸入を認める
・ウルグアイが大麻合法化、ブラジルへの影響に懸念の声

【事件・事故】
◇1月
・リオ州で豪雨被害、2年前の悪夢再び
・観光客殺害の14歳少女、母親が自首を訴える
・リオの「セラロンの階段」、チリ人制作者が焼死体で発見
・ナイトクラブで火災、ニテロイ火災に次ぐ悲劇
・MRI検査後に3人死亡、カンピーナス市の私立病院で

◇2月
・パトリシア判事殺害事件、実行犯の軍警官に有罪判決
・リオ市の刑務所で27人が集団脱獄
・リベルタドーレス杯、ボリビアの14歳ファンが死亡

◇3月
・工事中の建物が崩れる、通行人の男性1人が死亡
・元GKのブルーノ被告、元愛人殺人で懲役22年3カ月
・ミュージシャンのショロン、自宅で遺体で発見される
・メルシアさん殺害事件、ミザエル被告に懲役20年

◇4月
・リオ観光中の外国人、拉致され暴行&レイプ
・大学生が運転手に暴行、高架橋からバスが転落
・パラー州で旅客船沈没、定員超過が原因で12人死亡
・生きたまま火を放たれ死亡、サンパウロ州全体で事件数が増加傾向
・リオで相次ぐレイプ事件、1カ月で497件も発生

◇5月
・バス車内強盗レイプ事件、16歳少年が警察に自首
・南大河州の銀行強盗事件、小学生ら30人が人質に
・自動車の故障に便乗、マルジナル・チエテでレイプ事件
・隣人の騒音に激怒、夫婦を銃殺後に犯人は自殺
・歯科医への放火事件再び、サンジョゼ・ドス・カンポス市

◇6月
・リオ市のファベーラで、ドイツ人旅行者が撃たれる
・掲載への報復で殺害か、地元紙の編集長に銃弾44発
・19歳年上の愛人を銃殺、リオ市で16歳の女性を逮捕
・スクールバスでの犯行、USP建物内で強盗事件
・リオ市のユースホステル、集団強盗で観光客19人が被害

◇7月
・5歳少年が犠牲に、聖市で強盗殺人事件
・集団レイプ後に殺害か、14歳少女の死体発見=パラナ
・ファンキ歌手の銃殺、ステージ上で銃弾浴びる
・144人の囚人が脱獄、マナウスの刑務所で暴動
・14歳少女暴行殺害事件、拘束中の容疑者らが拷問被害

◇8月
・軍警官の家族5人殺害、息子による犯行の可能性も
・高架橋からミニバス転落、死者6人、負傷者21人を出す
・子供欲しさに母親を殺害、リオ市で容疑者女性を逮捕
・民家が爆発して崩壊、原因はガス漏れか=聖市
・聖市でまたも集団強盗、日本食レストランが被害

◇9月
・妻殺害と息子の殺人未遂、パゴージ歌手に実刑33年
・容疑者4人が死体で発見、ボリビア人一家の強盗殺人
・負傷者は少なくとも13人、CPTMで脱線衝突事故
・パラー州の宣教師殺害、農場主の被告に実刑30年
・大学構内で学生刺殺、監視体制の強化求める声も

◇10月
・USP構内のトイレで、女子学生が強姦未遂被害
・マラニョン州の刑務所、暴動により13人が死亡
・現金輸送車を路上で襲撃、200万レアルが奪われる
・銃弾20発を浴びて死亡、ペルナンブコで検察官襲撃
・アマリルド氏殺害事件、新たに軍警察官15人を起訴

◇11月
・3歳児が行方不明に、母親と義父を事情聴取
・マルケス君の遺体発見、容疑者の義父と母親を逮捕
・警備態勢の強化を発表、リオ市海岸で集団強盗増加
・脱線事故で8人死亡、車両が民家4件を破壊
・カニバリズムの3被告、精神鑑定で「責任能力あり」

◇12月
・バイクにひかれて死亡、レシフェ在住の日本人女性
・工事中のビルが崩壊、作業員1人が行方不明
・サンパウロ州海岸地域への2街道、強盗殺人事件が連日発生

【トピック】
◇1月
・売春婦対象の英語クラス、W杯開催に向けて無料提供
・バルボザ長官のお面、カーニバル人気商品に
・ブラジリアンワックス、毛じらみ症対策に効果あり

◇2月
・バイアのカーニバル、人気ラッパーPSYも登場
・観光客向けアンケート、人気ナンバー1はMASP
・人気のビーチランキング、ブラジルから2海岸選出

◇3月
・レストラン・ウイーク、サンパウロ州で4日から17日まで
・ロナウド氏の13歳長男、総合格闘家として契約か
・聖市でファッション・ウイークが開幕

◇4月
・ダニエラ・メルクリ、女性記者との同性愛関係を告白
・サントスのネイマール、マウリシオ氏の漫画に
・世界のレストラン番付、「D.O.M.」は6位に後退

◇5月
・コカ・コーラのブラジル国旗カラー版が登場
・聖市の定番グッズなるか、メトロが土産品を販売

◇6月
・ビルの階段で性行為、678レアルの罰金処分に
・伯国作品が最優秀賞、アヌシー国際アニメ映画際
・ブラジル各地の上空で謎の「火の玉」の目撃相次ぐ
・ブラジルの「iPad mini」、販売価格は世界一高額

◇7月
・聖市イビラプエラ公園、南米最高の公園に選出
・ジョインビレ市で開催中、世界最大のダンスイベント

◇8月
・大統領の発言で再脚光、約3年放置のET記念館
・俳優のワグネル・モウラ、ハリウッドデビューで注目

◇9月
・パステル・コンクール、今年は開催中止の可能性も
・ロック・イン・リオ、リオ市で13日に開幕

◇10月
・ジェット機レガシー500、中国初購入はジャッキー・チェン

◇11月
・新たな出会い系アプリ、「Tinder」が流行
・ゴイアス代表が優勝、ミス・ブンブン2013

◇12月
・来年のサンバ女王決定、「グロベレーザ」にナヤラさん
・ブロードウェイ劇場、伯国人観光客に人気

【スポーツ】
◇1月
・アフリカ勢が強さ示す、サンシルベストレ国際マラソン
・UFCが14年ぶりに聖市で開催
・サッカー州選手権が開幕、ネイマールが2ゴール
・スコラリ新監督が招集、ロナウジーニョらが代表復帰

◇2月
・さまざまな問題を露呈、ミネイロンのこけら落とし
・サッカー国際親善試合、スコラリ新監督は初陣飾れず
・コンフェデ杯のチケット、伯国対日本の開幕戦は完売
・中国で視聴率が激減、ブラジルがF1最大市場に

◇3月
・サッカー・ブラジル代表、ロナウジーニョは選出されず
・サッカー選手の長者番付、ネイマールは5位に上昇

◇4月
・サッカー国際親善試合、スコラリ監督が就任後初勝利
・W杯の応援楽器「カシローラ」、ブブゼラ人気を上回れるか?
・マラカナン競技場、改修工事終えお披露目

◇5月
・コンフェデ杯の23選手発表、ロナウジーニョとカカは落選
・サンパウロ州選手権、コリンチャンスが優勝
・ネイマールがバルセロナと5年契約、サントス最終戦では涙も
・競技場の屋根が崩落、コンフェデ杯開催前に暗雲
・応援楽器「カシローラ」、コンフェデ杯で持ち込み禁止に

◇6月
・ファン5万人以上が殺到、ネイマールの入団セレモニー
・コンフェデ杯開幕戦はブラジルが日本に完勝
・コンフェデ杯でネイマールが2戦連続弾
・ネイマールまたもゴール、ブラジルがイタリアに完勝

◇7月
・ブラジルがコンフェデ杯3連覇、最優秀選手はネイマール
・コリンチャンスが優勝、レコパ・スダメリカーナ
・アトレチコ・ミネイロが優勝、大逆転で初の南米王者に
・伯国人女子テニス選手、テリアナが世界100位入り
・ネイマールがデビュー、メッシとの共演はお預け

◇8月
・バルセロナ対サントス、ネイマールはメッシと初共演
・ブラジル人が初の快挙、シエロが世界水泳3連覇
・バルセロナのネイマール、移籍後初ゴール
・来年のW杯チケット、1次販売開始

◇9月
・後任はラマーリョ氏、サンパウロが再び監督解任
・聖市でスポーツの祭典、ビラーダ・エスポルチーバ
・サッカー来季の日程めぐり論争、選手らは継続休暇を要求

◇10月
・申し込みは約620万枚、W杯チケット第1次販売
・インディカー・シリーズ、聖市での開催中止が決定
・W杯チケット2次販売延期、国内のキャンプ候補地も発表
・ブラジル人サーファー、世界最大級の波を制覇

◇11月
・各種競技のピクトグラム、リオ五輪組織委員会が発表
・ブラジル全国選手権、クルゼイロが10年ぶりの優勝
・パルメイラスが2部優勝、降格から1年で1部復帰
・イタケロンで崩落事故、作業員2人が死亡

◇12月
・W杯の組み合わせ決定、初戦の相手はクロアチア
・クラブW杯サッカー、A・ミネイロが準決勝敗退

2013年12月28日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password