ブラジル初戦はペルーに辛勝=コパ・アメリカ

150616-neymar
ピッチ上で存在感を示すネイマール(Foto: Rafael RIbeiro / CBF)

 サッカーの南米王者を決めるコパ・アメリカがチリで11日に開幕し、ブラジル代表は14日に行われた初戦のペルー戦を苦しみながらも2―1で勝利した。15日付フォーリャ、エスタード両紙が報じた。

 ブラジルはキックオフ直後の前半3分、守備の乱れからペルーに先制点を許したが、その2分後にエースのネイマールが右サイドからのクロスに頭で合わせて同点ゴールを決めた。

 その後ブラジルは追加点を奪うことができないまま後半ロスタイムに突入したが、最後に試合を決めたのはやはりネイマールだった。ペナルティエリア左付近にドリブルで攻め込んだネイマールは相手DF陣全員を引きつけ、フリーのドウグラス・コスタに鮮やかなラストパス。この試合の中で、ほぼ同じ位置からネイマールの放ったミドルシュートがクロスバーを直撃していたこともあり、ペルー守備陣は完全に裏をかかれる形となった。このパスを受けたドウグラス・コスタが落ち着いてシュートを決め、ブラジルが土壇場で勝ち点3を獲得した。

 ブラジルは今後17日にコロンビアと、21日にベネズエラと戦い、予選リーグの各グループ上位2カ国と各グループ3位のうち成績上位2カ国が準々決勝に進出する。

2015年6月16日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password