ブラジル政府、南米の通貨統一を望む

 ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領(PSL=社会自由党)は7日、政府は南米全体が単一通貨を持つことを望んでいると述べた。この南米単一通貨の提案は、パウロ・ゲデス経済相によって6日に発表された。

 7日付伯メディアによるとボルソナロ大統領は、通貨統一はまず、南米の大国であるブラジルとアルゼンチンから始め、その後、他の国々が望むのであればそれらの国々にも拡大させるとしている。

 大統領によると、新しい通貨というのは損失と利益、両方の元になる可能性があるが、一般的には失うものよりも得るものの方が大きい。ボルソナロ大統領は、単一通貨は南米における社会主義者らの冒険的な行為を妨害することができるとしている。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password