ブラジル日系協会、射的協会 29日に移民110周年記念祭典

ブラジル日系協会、射的協会 29日に移民110周年記念祭典
来社した一行

 ブラジル日系協会(京野吉男会長)とノーバ・バンデイランテ射的協会(山本恒夫会長)共催の「移民110周年記念祭典」が29日、サンパウロ市ベラ・ビスタ区の在伯退役軍人協会(Rua Santa Madalena, 46)で開催される。
 
 110周年にちなんで11時10分から開始される同祭典では、コーラス隊による移民の歌が11曲披露される。同射的協会の山本会長によると、同楽曲は、日本の童謡「富士の山」に移民の思いが詰まった歌詞が込められているという。

 また、会場では日本の聖人・沢田美喜を偲ぶ会も行われる。

 当日は1品持ち寄りで、参加費は無料だが、祝儀を受け付ける。申込みは20日まで。

 問い合わせ、申込みは同日系協会の京野会長(携帯11・99984・5697、メールamankyono@gmail.com)もしくは同射的協会の山本会長(電話、11・5044・4984、携帯11・98120・3630)まで。

2018年4月11日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password