ブラジル経済「良くなる」 全体の3割

 調査機関ダタフォーリャ(DataFolha)が2日公表した最新の調査結果は、ブラジル経済についてのブラジルの人々の悲観的な見方が弱まったことを示している。

 同日付で伝えた伯メディアによると、ブラジル経済がこの先悪化するとの考えを示した人の割合は2016年12月時点では回答者全体の41%だったが、今年4月の最終週に全国の172市で2781人に対して聞き取りを行った調査で同様の考えを示したのは全体の31%だった。逆に、経済が上向くとの見方を示した人の割合は28%から31%に上昇、現状維持と答えた人は昨年12月調査時の27%よりも多い35%だった。

 同調査では回答者個人の財務状況についても聞いた。結果は、自身の財務状況がこの先悪くなると答えた人の割合は昨年12月調査時の27%から18%に縮小、改善するとの回答は37%から45%に拡大した。

 雇用に関しては回答者全体の57%が、ブラジルの労働市場はこの先悪化するとの見通しを示した。昨年12月調査時の67%よりはましだったが、悲観的に見ている人は依然として全体の半数を上回っている。労働市場が良くなると答えた人の割合は16%から20%に拡大、変化しないとした人は14%から21%に増えた。

2017年5月13日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password