ブルーツリーホテル 謝肉祭ワークショップ

ブルーツリーホテル 謝肉祭ワークショップ
来社した内村さんと小林さん(右から)

 ブルーツリーホテル(青木智栄子社長)とIPK(Instituto Paulo Kobayashi、小林ビットル代表)が共催する第2回体験型カーニバル・ワークショップ「CAR-NAVAL DAS NAÇÕES」が、2月3日午前10時からサンパウロ市シャカラ・サント・アントニオ区のエスパッソ・ヴィラ・ブルーツリー(Rua Castro Verde, 266)で開催される。

 当日、午前10時から正午までは楽器とサンバのワークショップ、正午から午後2時まではサンバとフェイジョアーダの歴史を学びながら昼食、午後2時から同3時半までプレゼンテーション、午後4時から同4時半はNGO「AMIGOS DO BEM」への寄付贈呈式が行われる予定。

 同NGOは2002年に設立され、教育と自己持続可能プロジェクトを通して、ブラジルの貧困や飢餓と戦っている。

 来社したブルーツリーホテルの内村明美さんは「昨年は200人が参加してくれました。今年は500人から1000人の参加者を目標にしています」と意気込んだ。

 参加費は大人165レアル。7歳未満は無料で、7~12歳は半額となる。

 問い合わせ先は、ブルーツリーホテルの内村さん(電話11・99936・8908、メールkakemi@bluetree.com.br)まで。

2018年1月13日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password