マナウス工業地区が好調

 マナウス工業地区(アマゾナス州)の2014年1~2月の売上高の合計は13年同時期に比べて24.33%多い137憶6000万レアル(約6192億円)に上った。主にタブレット型パソコンとテレビの販売が拡大した電機部門は同31.15%の伸びを記録。ここ1年余り危機的な状況に直面していたオートバイ部門もまた、前年同時期を上回る業績を残した。12日付伯メディアが伝えた。

 販売が好調なタブレット型パソコンは昨年来の高い生産ペースを維持。今年1~2月の生産台数は13年同時期を268.10%上回る59万7405台に上った。また、消費者らに人気が高いプラズマテレビの年初2カ月間の生産数は同452.68%増の41万3395台に、液晶テレビ(LCD、LED)は同76.86%増の283万2568台に達した。

 これら電機部門の好調の背景には6月12日に開幕するサッカー.ワールドカップ(W杯)の影響がある。自国で開催される大会を最新のテレビで、より鮮明な画像で観戦しようということで需要が拡大したようだ。アマゾナス州工業センター(Cieam)のウィルソン.ペリコ会長は、W杯開催年には他の年と違って上期(1~6月)に販売が加熱する傾向があり、1~2月の好調はあらかじめ予想されていたことだと話している。

 ただし、W杯開幕を前にしたこの特需はすぐにしぼむ。大会終了後にテレビの販売が大きく落ちこむことは想像に難くない。では、マナウスで製造されている他の製品についてはどうなのか。テレビ同様に販売が落ち込むのか。ペリコ氏は「W杯の結果は人々の楽観度や感情に影響を与える。もしブラジルが優勝すれば、消費者らの製品購入意欲が高まるだろう」と話し、W杯におけるブラジル代表チームの成績がW杯後の、今年下期(7~12月)の各製品の売れ行きに影響を及ぼすとしている。

 しかし、違った見方もある。マナウス.フリーゾーン監督庁(Suframa)のトーマス.ノゲイラ長官は、現在の好調は今後も続くとみているようだ。

 同庁によると、マナウス工業地区の今年2月の売上高は前年同月比27.72%増、過去最高の72億8000万レアルに達した。この2月の好調によって1~2月の合計は13年の110億7000万レアルを約27億レアル上回った。ノゲイラ長官は2月の増収について、「昨年2月よりも2営業日多かったがそれだけでは説明がつかない。実際に14年(の市場)は加熱されており、我々は現在のこの状況を維持し、前年比2けた成長で今年を終えたいと考えている」と話している。

 同庁によれば、マナウス工業地区全体の売り上げの中で最大のシェアを持つのは相変わらずエレクトロニクス部門(36.43%)で、オートバイ(16.45%)、情報機器(14.81%)がそれに次いでいる。

2014年4月26日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password