モザイク 2015年7月18日付

日本のテレビ番組出演で丹下さんと知り合った今泉さん。その後、丹下さんの渡伯30周年公演や2000年の坂本冬美来伯公演にも太鼓演奏で出演するなど、ブラジルとの縁も深い。今や東京をはじめ、金沢、ニューヨーク、香港などに6支部を所持する「助六太鼓」の代表で、ジャニーズ系など日本の有名芸能人も指導するプロの太鼓演奏家でありながら、威張らない明るい性格が魅力的だ。また、「自分で自分のことをカッコイイと思った時から、その人はカッコ悪くなる」と言い、「まだまだ修業中」と自身を戒める。世知辛い世の中で、義理人情に厚い今泉さんと丹下さんのような人間関係を見習いたいものだ。


相変わらず、日によって暑さ寒さの差が激しいサンパウロ。夏場に多かった蚊によるデング熱の脅威が少しは減ったと思っていたら、今度はノミかダニかは知らないが、寝ている間に足などを食われ、猛烈にかゆい。そのかゆさも最初にかまれたところが2週間ほど続き、毎日食われるものだから、いつまでたってもかゆさが止まらない。家の掃除をきっちりしていないツケのようだが、昔の移民たちが害虫除けのために毎日洗濯したシャツやパンツにわざわざアイロンをかけていた苦労がよく分かる。ベッドや敷布(今や死語か)にアイロンがけする日が続く。


文協ビルをよくウロウロしているモザイク子。奇異な目で見られることもあるような気がするが、たいていどこに行っても受け入れてもらって感謝している。先日、取材の電話をかけようとめぼしい場所を文協内で探していたら、「憩の園」の吉安園子会長と会い、事務所を使わせてもらった。しかしプリペイド式のモザイク子の携帯電話は残高が残っておらず、電話がかけれない。すると吉安会長の手引きで「憩の園」の事務員の人が自身の携帯電話を貸してくれた。名前は存じませんが、突然現れたモザイク子に、快く電話を貸してくれてありがとうございました。無事、取材のアポが取れました。

2015年7月18日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password