モザイク 2018年10月20日付

 今年のサマータイム(夏時間)の開始日は二転三転し、結果的に例年より半月遅れとなる。例年通りに行けば10月の第3日曜日(21日)となるはずだったが、統一選挙の影響で翌月に持ち越しされ、11月4日(日)からの開始が仮決定していた。しかし、全国中等教育試験(Enem)の影響で同18日に変更。その後、またまた変更となり、結局は11月4日から実施されることになったそうな。同日午前0時に時計の針を1時間進める必要がある。この不規則な動きによる弊害が、何かと出てくるかもしれない。夏時間は、来年2月16日まで続く。季節が変わるにつれて、昼間は日差しが強く乾燥した暑さになり、夕方には夕立が降り、蒸し暑い気候になっていく。蚊も活発に動き出すため、皆様、多方面でご注意を。


 毎日新聞によると、熊本市議会で9月下旬、緒方夕佳議員(43)が「せきが止まらない」として喉あめをなめながら本会議で質問に立ち、会議規則に違反しているとして出席停止1日の懲罰動議が可決されたとか。まあ、どうでも良いような話だが、日本の日本人は真面目というか、何というか。ブラジル国内では、学生が試験を受けている際に菓子類を食べたり、水を飲んだりすることが許されていることを聞き及んだが、国によっての規則はエライ違いですな。どちらが良いとは一概には言えませんが。


 米女性歌手のテイラー・スウィフトさんが初めて政治的発言をインスタグラムで行い、若者の有権者登録が急増したことが話題になっている。現政権の人種差別的な姿勢を批判し、民主党候補を支持した。スウィフトさんは、「グッドガール(優等生)」なイメージの歌姫として長い間人気を博しており、今まで政治的発言は控えていた。しかし近年はバッシングや政治的発言をしないことも批判され、「ディーバ(歌姫)は優等生ではいられない」と方向の転換を図った。今回の発言は、SNSで活発な議論も行われ、大きな影響を与えた。対するトランプ氏の反論は「(スウィフトの音楽が)前より25%好きじゃなくなった」で、何とも子どもっぽい言い方で笑えるのだが。

2018年10月20日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password