モザイク 2018年3月13日付

 個人的には以前よりもテレビ番組というものをほとんど見る機会がなくなった。今やあらゆる画像や映像が簡単にインターネットを通じて見ることができ、ユーチューブなど自身で撮影した映像などを簡単にネット上に掲載できるようになった影響が大きい。しかし、現代の飽食の時代と同じく、情報もあまりにあり過ぎると、何を選んでよいのかが分かりにくくなる。ある意味、贅沢(ぜいたく)な時代ではあるが、子供の頃に兄弟でテレビのチャンネル争いをしていたのが懐かしく思える。まあ、そのうち、チャンネル争いを仮想体験できるゲームなどがインターネット上で出回るかも。
     


 齢を重ねるごとに、年々、一年が過ぎて行くのが早く感じる。昔は「10年ひと昔」など言われたが、2008年の移民100周年が10年も前の出来事とは思えないほど、時間は早く過ぎているように感じる。しかし、錯覚してはいけないのは、誰しも現状は今のままずっと続いていくわけではないということ。平家物語の「おごれる者は久しからず」の例え通り、「盛者は必衰していく」のは世の常のこと。現在が決して豊かなわけではないが、そのことを肝に銘じながら、毎日を粛々(しゅくしゅく)と生きていきたい今日この頃。
     


 ブラジルの政界はひどいが、それと同じぐらい混乱しているのが日本だ。森友学園問題で財務省官僚が、公文書を書き換えたことが明らかとなり、麻生財務大臣や安倍首相まで巻き込むのかが注目されている。しかし、記者会見を見る限り、麻生氏は辞任した佐川前国税庁長官に罪をなすりつけ、責任をとろうとはしていない。これでは国民が救われない。

2018年3月13日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password