リオ五輪 男子棒高跳びで金メダル カヌーでも銀メダル獲得

リオ五輪 男子棒高跳びで金メダル カヌーでも銀メダル獲得
カヌー競技で銀メダルを獲得したケイロス選手(Foto: Ministério do Esporte)

リオ五輪 男子棒高跳びで金メダル カヌーでも銀メダル獲得
カヌー競技で銀メダルを獲得したケイロス選手(Foto: Ministério do Esporte)
 開催中のリオ五輪で15日と16日、男子選手のメダル獲得が続いた。国内メディアが報じている。

 15日夜に行われた陸上男子棒高跳びで、ブラジル代表のチアゴ・ブラス・ダ・シルバ選手(22)が金メダルを獲得した。シルバ選手は決勝で6メートル3センチを跳び、五輪記録を更新。前回五輪覇者で世界記録保持者のルノー・ラビレニ(フランス)が最後の跳躍で6メートル8センチに挑んだが失敗に終わり、今大会2個目の金メダルをブラジルにもたらした。

 同選手はサンパウロ州マリリア出身で、14歳から競技を始め、13年の南米選手権で優勝している。陸上競技で男子ブラジル代表が金メダルを獲得したのは1984年ロス五輪の男子800メートルで優勝したジョアキン・カルバーリョ・クルス氏以来。

 翌16日朝に行われたカヌーの男子カナディアンシングル1000メートル決勝では、ブラジル代表のイザキアス・ケイロス選手(22)が銀メダルを獲得。五輪カヌー競技で初のメダルをブラジルにもたらした。

 ケイロス選手はバイア州ウバイタバ出身。11歳でカヌーを始めた。同種目では、昨年の汎米競技大会で優勝。世界選手権ではカナディアン500メートルで13、14年、2人乗りカヌー1000メートルで15年に優勝している。

2016年8月17日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password