ルシア最高裁長官 大統領代行に就任

 連邦最高裁判所のカルメン・ルシア長官が17日朝、テメル大統領の外国訪問に伴い大統領代行に就任した。18日まで同職を務める。

 テメル大統領は同日、ポルトガル語圏諸国共同体(CPLP)の第12回首脳会議に出席するため、西アフリカのカーボ・ベルデへ出発した。18日に帰国する予定。

 大統領職務は、副大統領、下院議長、上院議長、最高裁長官の順に代行されることが定められているが、現在副大統領は不在。下院・上院議長は、法律により選挙投票日に先立つ6カ月以内に行政職に就いた場合議員への立候補が不可能となる。下院議長はチリ、上院議長は米国へそれぞれ出張している。

 ルシア長官が大統領代行職に就くのは今年3度目となる。最高裁長官はセルソ・デ・メロ判事が代行する。

2018年7月18日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password