ルーラ大統領の賄賂疑惑 モロ判事が家賃の領収書提出を要求

 セルジオ・モロ連邦判事は13日、ルイス・イナーシオ・ルーラ・ダ・シルバ元大統領の弁護側に対して、サン・ベルナルド・ド・カンポ市(SP)のマンションの家賃に関する領収書のオリジナルを、48時間以内に提出するようにとの決定を下した。13日付パラナ・ポルタルが報じた。

 この不動産は、ルーラ元大統領の自宅の隣のマンションで、ラバ・ジャット作戦では、オブレヒト社により支払われた賄賂の一部として、元大統領がこのマンションを受け取ったかどうかを捜査している。弁護側は、このマンションのオーナーがグラウコス・ダ・コスタマルケス氏であり、元大統領が警備員を宿泊させるために賃借していたと主張している。

 そして領収書を提出するために、専門家も出席する非公式の公聴会を行うよう求めていたが、モロ判事により却下された。

 同判事は、「領収書は、裁判所の事務局に提出されるべきであり、その事実が確認された場合、鑑定に回される」と述べ、「弁護側は領収書を所持しており、それを提出する前にコピーすることができる。こうして如何なる改ざんの可能性も防げる。提出のために専門家が出席する公聴会を開く事は不必要である」と強調している。

 ルーラ元大統領の弁護士側の声明によると、期限以内に書類を提出すると回答しているが、専門家の出席を拒否したモロ判事に疑問を投げかけており、「弁護側は、判事が領収書のオリジナルを提出するため、透明性が完全に証明される公聴会の開催を認めなかったことに驚いている」と批判した。

 この不動産のオーナーであるコスタマルケス氏の弁護側によると、家賃の領収書は、同氏がシリオ・リバネース病院に入院していた時に全て一度にサインされており、その際に、ルーラ氏が雇ったロベルト・テイシェイラ弁護士が立ち合い、全ての領収書を事務所に持ち帰ったはずだ、と説明している。

 このためモロ判事は、サインされた領収書を持ち帰ったとされる弁護士が、病院を訪れた事を示す記録を求めたところ、弁護士が病院を訪れていない事が判明している。

2017年10月17日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password