ロート製薬が買収 ブラジルの目薬メーカー

 ロート製薬(吉野俊昭社長、本社=大阪府)は21日、主に眼科手術用デバイス及び目薬を製造・販売するブラジルの企業「OPHTHALMOS S.A.」(以下、オフサルモス社)の普通株式60%を取得し、同日子会社化したと発表した。

 同社は2013年にブラジル現地法人「ロート・ド・ブラジル社」を設立しブラジルでの市場調査を行ってきた。その結果、ブラジルでの白内障手術は日本の6割程度の実施数であり、OTC(一般用)目薬市場は日本の4割程度と小さいものの、生活レベルの改善に伴い市場が成長していること、また、ブラジルは人口が多く将来の老齢化に伴いアイケアの大きな潜在需要が見込めると判断した。

 ロート製薬は、今回の買収により医科向け目薬の拡充、OTC目薬市場への進出、及び周辺国や世界各地への製品輸出や眼科周辺分野への商品群の拡大も期待できると見込んでいるとしている。

2016年10月29日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password