中国との関係もっと深める 政府、投資・貿易の拡大望む

 ブラジルは中国との関係を今以上に深めると決断したようだ。通信社アジェンシア・ブラジル(Agencia Brasil)が5日付で伝えたところによると、ブラジルのエルネスト・アラウジョ外相は4日、政府は現在、中国との関係をこれまでよりもさらに高いレベルへと引き上げているところだと明かし、「我々はブラジルの輸出業者のため、そして新しい投資機会のために、(中国との間に)新たな機会を作り出すことを望んでいる」と語った。

 中国およびBRICS諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)とブラジルの文化的、経済的関係の深化を図る目的で今年4月に創設された2つの国会議員連盟が主催して4日夜に開かれた、ハミルトン・モウラン副大統領を表敬する夕食会の最中に行われたインタビューでアラウジョ外相は「矛盾はない。どちらのケースにおいても、我々は非常に有益な関係を築くことができる。何一つ悪意はない、何の問題もない」と述べ、伝統的にブラジルとの間で貿易および投資の良好な流れを維持してきた中国、そして米国との間の高度な関係を同時に維持することに「矛盾」はないとの考えを示した。

 中国は近年、ブラジルにとって最大の貿易相手国であり続けている。アラウジョ外相は、ブラジル政府は現在「貿易と投資の両面において新たな大通り」を開くために、中国との2国間対話の拡大を奨励しているところだと話す。

 ブラジル─中国の貿易総額は2018年、989億ドルに上った。ブラジルは中国へ642億ドルを輸出し、中国から347億ドルを輸入した。また、ブラジル中央銀行(BCB)のデータによれば、中国からブラジルへの直接投資残高は18年に690億ドルとなった。これらの投資は主にエネルギー分野(発電および送電、石油、ガス)やインフラ分野(港湾および鉄道)のほか、金融、サービス、イノベーション各分野に向けられている。

 ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領(PSL=社会自由党)は中国との関係促進を図るために今年9月に中国を訪問する予定だ。そして中国の習近平国家主席は今年11月、BRICS首脳会議出席のためにブラジルを訪れることになっている。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password