中国によるブラジル大豆の輸入が減少

 中国によるブラジル産大豆の輸入量が減少した。海運代理店業のカルゴナヴェ社(Cargonave)発表として伝えた15日付伯メディアによると、世界最大の大豆輸出国であるブラジルは2019年1~4月に2760万トンの大豆を世界各国に輸出し、このうちの2009万トン程度、輸出された大豆全体の72.8%が中国に向けられた。18年1~4月にはブラジルの大豆輸出量全体(2974万トン)の77.6%を占める2308万トンが中国向けに出荷されたが、19年の年初4カ月間には中国向けの輸出量そのものと、輸出量全体に占める中国向け輸出のシェアの両方がそれを下回った。

 中国によるブラジル産大豆購入の減少は、米国と中国の間の貿易紛争のある種の休戦期間、高い関税にもかかわらず中国によるいくつかの米国製品の購入が許された期間に起こった。さらに、中国における家畜伝染病の発生もまた、ブラジルからの大豆購入を減少させる要因となった。アフリカ豚コレラの発生によって大量の豚が殺処分されたことで大豆ミールの消費が大きく縮小し、中国国内の大豆需要は勢いを失っている。

 カルゴナヴェ社のデータによると、主要な輸出業者の中で19年1~4月に最も多くの大豆を中国へ輸出したのはカーギル社(Cargill)で、その量は、同社がこの4カ月間にブラジルから輸出した大豆全体(430万トン)の7割を超える320万トンに上った。カーギル社に次いで多かったルイ・ドレフュス社(Luis Dreyfus)は今年1~4月に輸出した大豆340万トン中の286万トンを、それに続くブンゲ社(Bunge)は390万トン中の246万トンを、それぞれ中国に向けた。中国の穀物商社である中糧集団(Cofco)はこの期間に輸出した167万トンのうちの100万トン強(全体の7位)を中国向けに輸出した。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password