中国向け輸出の伸び 昨年より減速の見込み

 輸出と輸入の両方においてブラジルにとって最大の取り引き相手である中国向けの輸出は2019年も拡大し続けるが、その拡大ペースは、18年に観測されたものに比べて減速するとみられている。ジェトゥリオ・ヴァルガス財団(FGV)がまとめた19年1月の貿易指数レポートで報告されているとして伯メディアが19日付で伝えた。

 このレポートによると、米国と中国の間の貿易戦争が、とりわけ中国との大豆の貿易において、ブラジル側に大きな恩恵をもたらしている。18年には中国への大豆輸出は35%増加し、同年に輸出されたブラジル産大豆の82%を中国が購入した。しかし、中国はこの先、貿易紛争によって中断を余儀なくされた米国からの大豆購入を再開するものとみられており、そのことによってブラジル産大豆は行き場を失うことになる。

 19年には大豆のほかに鶏肉が苦しむことになる。FGVによれば、中国がブラジルから輸入される鶏肉に対して税金を課しているためだ。

 FGVはレポートの中で「中国は引き続きブラジルにとって主要な市場であり続ける。しかし、ブラジルが輸出する金額は増大するが、その伸びは18年よりも小さい」との見方を示している。

2019年2月21日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password