中国発の「ニセ玩具」42トン サントス港で押収

中国発の「ニセ玩具」42トン サントス港で押収
国税庁に押収された偽造玩具など(写真/国税庁提供)

 国税庁はブラジルの主要貿易港の一つであるサントス港(サンパウロ州)で、中国の港から出荷されたプラスチック製の組み立てブロック「レゴ(LEGO)」や「ディズニー(Disney)」、ディズニー傘下でスパイダーマンなどのキャラクターを持つ「マーベル(MARVEL)」などといった世界的に有名なブランドの製品を模倣した「偽造玩具」を少なくとも42トン(評価額790万レアル=約2億3000万円)押収した。国税庁が30日に確認したとして伯メディアが同日付で伝えた。

 国税庁によれば、押収された偽造玩具は中国・浙江省の寧波(ねいは)港から積み出されたコンテナ3基に分け入れられていた。これら3基のコンテナはすべて同一の業者によって輸入されたもので、国税庁は、偽造玩具はサンパウロ市内で安価な製品を販売する小売店や露天商などに出回るものだったとしている。

 同庁の密輸品監視・制圧部門の責任者によると、スキャナーによるコンテナ内部の検査と諸々の書類の評価などを含むリスク分析の作業によって、違法製品が積み込まれたコンテナを特定することができたとしている。
 3基のコンテナの中には11種のブランドの偽造玩具のほか、有名音響機器ブランド「JBL」のポータブルスピーカーの偽造品もあった。国税庁の求めに応じて各ブランドがコンテナに積み込まれていた製品の評価、分析を行った結果、どれ一つとして合法的なものでない、つまり「本物」ではないことが確認された。

 密輸品監視・制圧部門の責任者は「このようなケースでは、輸入業者は貨物について虚偽の申告をする。パーティーグッズであるとかプラスチック製品であるとか。これは密輸の犯罪であり、輸入業者は連邦裁判所で裁かれることになる」としている。

 国立工業度量衡・品質規格院(Inmetro)によると、今回押収された偽造玩具をはじめとする数々の違法製品はどれも、法律で定められた基準に沿って製造されたものではないため、破壊処分される。そして可能であれば、プラスチック材は再利用に回される。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password