人文研創立50周年記念事業 15日、『半世紀の歩み』出版記念会

人文研創立50周年記念事業 15日、『半世紀の歩み』出版記念会
来社した一行

 サンパウロ人文科学研究所(以下人文研、本山省三理事長)は、2015年の創立50周年記念事業『人文研史―半世紀の歩み―』出版記念会を、15日午後6時半からサンパウロ市リベルダーデ区の青森県人会館(Rua Dr.Siquera Campos, 62)で開催する。

 人文研は1965年3月に、ブラジルの日本人移民とその子孫によるブラジル社会と日系社会研究の専門機関として誕生した。

 2014年に創立50周年を控え、高山儀子理事(63、青森)が同史の作成計画を提案。15年にはJICAへ青年ボランティア派遣を要請し、16年7月に同ボランティア長尾直洋さん(39、愛知)が派遣され、作成が進められた。記念誌編纂委員会は、編纂委員長の高山さん、編纂委員の長尾さん、そして人文研元理事の田中慎二さん、元専任研究員の小笠原公衛さんで発足。同研究所の事業報告書を基に本史を作成し、長尾さんの提案で同研究所創立に至るまでの前史を作成した。また、元人文研研究員のネウザ・マツオさんが財務面の分析を行った。

 長尾さんは、最も苦労したこととして「記述を調べて矛盾が生じた時に、創立会員のほとんどが亡くなっているので検証に限界があった」と語る。また、高山さんは「研究史なので間違いがないように、慎重に作成した」という。

 完成した同史は「研究者や日系移民に興味がある人が楽しめる内容になっている」とし、「人文研の歴史だけではなく、人文研が関わった活動や研究内容についても載っており、深く知りたい場合はどの本に何が書いてあるか分かるようになっている」そうだ。

 案内に来社した一行は「人文研って有名なようで知らない人も多い。これを読んで知ってもらいたい」と話す。

 なお、出版記念会の入場料は無料。事前申し込みは不要。来場者には、同史を1部無料で配布する。2部目からは、1部50レアル。

 問い合わせは人文研(電話11・3277・8616、午後2時~同6時)まで。

2018年6月12日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password