今年も「W杯バーガー」 マクドナルド、今月24日から

 サッカー・ワールドカップ(W杯)の公式スポンサーの一つであるハンバーガーチェーンのマクドナルド(McDonald’s)は12日、ブラジル国内の同チェーンにおいてW杯開催時の恒例となっている特別メニュー「チャンピオンズバーガー」(sanduiches campeoes)を今年も販売すると発表した。

 マクドナルド・ブラジルのマーケティング担当副社長は「5回目のW杯バーガーだ。これは消費者らに大変待ち望まれているキャンペーンであり、ブラジルでしか開催されないものだ」と話す。

 同日付で伝えた伯メディアによると、5回目の実施となる今回は、W杯で最も勝利を挙げている8カ国をたたえる特別メニューが用意される。そしてその中には、ロシアで開催される2018年大会への出場がかなわなかったイタリアをたたえるメニュー「マック・イタリア」(McItalia)も含まれている。マック・イタリアがブラジルの消費者から最も愛されているメニューの一つだからだ。

 チャンピオンズバーガーの店頭での販売は今月24日に始まる。選ばれた8カ国をテーマにした特別バーガーは、日曜日はマック・イタリア、月曜日はマック・フランス、火曜日はマック・スペイン、水曜日はマック・ドイツ、木曜日はマック・ウルグアイ、金曜日はマック・イングランド、土曜日はマック・アルゼンチンといった具合に曜日替わりで提供される。なお、マック・ブラジルだけは曜日に関係なく毎日販売される。

2018年4月14日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password