今年2回目の値上げ抗議デモ 開始前に軍警が発砲

今年2回目の値上げ抗議デモ 開始前に軍警が発砲
デモ行進前の集会に臨む市民ら(撮影/米沢心)
今年2回目の値上げ抗議デモ 開始前に軍警が発砲
白煙の中で市民を威嚇する軍警官ら。左下は軍警官らに取り押さえられる男性(撮影/米沢心)

 サンパウロ市とサンパウロ州政府が今月初めに実施した路線バス、地下鉄及び近郊都市電車の運賃値上げに抗議する2回目のデモ行進が16日夕方から夜にかけて、サンパウロ市内中心部で行われ、デモ参加者と思われる少なくとも14人が警戒に当たっていた軍警察に身柄を拘束されたほか、フォトジャーナリスト1人を含む複数が、軍警が使用した非殺傷性手榴弾の破片やゴム弾、催涙ガスなどによって負傷した。

 公共交通機関の運賃無料化を訴える市民グループ「モヴィメント・パッセ・リヴリ」(Movimento Passe Livre、以下MPL)の呼びかけで同市中心部の目抜き通り、パウリスタ大通り(Av. Paulista)にある「サイクリスト広場」(Praca do Ciclista)に午後5時頃から集まり始めた市民らは午後6時過ぎに、武装した軍警官らに取り囲まれる中、路上に腰を下ろしてデモ行進を開始する前の集会を始めた。そして午後6時20分頃、1人の男性が、デモ参加者らを取り囲んでいる軍警の隊列を横切ろうとしたところ、数人の軍警官が突然この男性を取り押さえにかかり、それを合図にするかのように、軍警は集まっていた市民や報道関係者らに向けて何発もの催涙弾や非殺傷性手榴弾などを発射した。周辺にオフィスビルやマンションが立ち並ぶ現場一帯は一時、催涙ガスの白煙に包まれた。

今年2回目の値上げ抗議デモ 開始前に軍警が発砲
混乱収束後、デモ行進は予定通りに行われた(撮影/米沢心)

 デモ行進がまだ始まってもいない時点で起こったこの騒動について、デモ参加者らは、軍警がデモ行進を中止に追い込もうとしてやったことだとの見方を示している。

 この騒動の際、現場で取材をしていたフォトジャーナリストの男性(39)は、軍警官が3メートルという至近距離から発射したゴム弾を右ひざに受けて、病院で手当てを受けるはめになった。この男性は被弾した後、救急処置を求めるために現場の指揮を執っていた軍警将校らの元へ出向いてゴム弾で撃たれたと告げたが、返ってきた答えは「我々は何もすることができない」というものだった。

 報道によると、軍警の規則では、ゴム弾の発砲は「積極的な攻撃者」に対して、最低でも20メートル離れている場合にのみ認められている。

 なお、混乱が収まった後、運賃値上げに抗議するために集まった市民らは、軍警とサンパウロ市警備隊に「付き添われ」ながら平和的にデモ行進を行って解散した。

2019年1月17日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password