伊タイヤのピレリ、ブラジル南部の工場閉鎖を発表

 中国化工集団傘下のタイヤメーカー、ピレリ(Pirelli)はイタリア・ミラノの本社において13日、ブラジル南部のリオ・グランデ・ド・スル州グラヴァタイー市で43年間に渡ってオートバイ用のタイヤを製造してきた自社工場を閉鎖し、それと並行して2019~21年の3年間にブラジル国内において1億2000万ユーロ(約147億円)の投資を行うと発表した。

 14日付伯メディアによると同社は、「市場の困難な状況、その結果として工場が十分に活用されていない」ことから、今後ブラジル国内の各工場の再編を促進していくとしている。

 グラヴァタイー工場で行われているオートバイ用タイヤの生産は21年までに、現在は自動車用タイヤの製造を行っているカンピーナス工場(サンパウロ州)に移管される。

 ピレリによると、グラヴァタイー工場では900人の従業員が働いており、工場閉鎖に伴う解雇については今後、労働組合との間で交渉が進められることになる。会社側から13日に知らされるまで、労働組合は工場閉鎖のことを知らなかった。

 また、オートバイ用タイヤの生産が移管されるカンピーナス工場は現在2000人の労働者を抱えているが、21年までの3年間で新たに300人を雇用する計画だ。

 全国タイヤ工業会(Anip)によると、19年第1四半期(1~3月)のブラジル国内タイヤ市場は、販売本数1430万本と18年同時期に対して2%縮小した。ただし、オートバイ用タイヤだけを見ると、19年1~3月の販売本数は246万本と18年同時期を6%上回った。

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password