伯国の殺人発生率 世界平均の5倍=WHO

 世界保健機関(WHO)が17日に公表したデータで、ブラジルにおける殺人発生率は世界平均の約5倍で、世界で9番目に高いという結果が示された。エスタード紙電子版が17日付で伝えた。

 同データは2016年の情報に基づく、世界の保健統計に関するWHOの年次報告書の一部で、今月開催されるWHO総会に先立って発表された。

 WHOが独自に作成した同データによれば、ブラジルの殺人発生率は10万人あたり31.1人に達しており、16年の世界全体の殺人のうち13%はブラジルで発生したと指摘されている。

 最も殺人発生率が高かった国はホンジュラスで、10万人あたり55.1人の割合だった。経済・政治的な危機に伴い、ベネズエラでも暴力が急増しており、10万人あたり49.2人で2番目に位置している。以下、エルサルバドル(10万人あたり46人)、コロンビア(同42人)、トリニダード・トバゴ(同41人)、ジャマイカ(同39.1人)、レソト(同35人)、南アフリカ(同33.1人)と続いている。

 世界全体の殺人発生率は10万人あたり6.4人で、ブラジルの5分の1となっている。アフリカ諸国の平均は同10人、欧州諸国では同3.3人だった。米州全体でも、この指数は17.9人と高くなっている。

 WHOは、16年に世界全体で47万7000件の殺人が発生したと推定している。被害者の80%は男性だったという。

 米州諸国のみで殺人件数は15万6000件に上る。この数は世界で戦争により死亡した犠牲者数に近づいており、WHOの注意を引いている。16年に5大陸で武装対立により死亡した人の数は18万人となっている。

 12年から16年の期間の戦争による死亡者発生の割合は10万人あたり2.5人だった。07年から11年の期間の同指数と比べ、約2倍に増加しているという。

2018年5月24日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password