伯国人の5割超が過体重 肥満は5人に1人の割合

 厚生省が17日に発表した「慢性疾患の危険要因と予防監視」電話調査(Vigitel)で、ブラジル人の過体重の割合が過去10年で26・3%増加したという結果が示された。人口の42.6%だった2006年に対し、16年は53.8%となっている。男性は47.5%から57.5%に、女性は38.5%から50・5%へとそれぞれ増加している。アジェンシア・ブラジルが17日付で伝えた。

 州都別で最も過体重の市民が多かったのはアクレ州リオ・ブランコで60.6%。以下、マット・グロッソ・ド・スル州カンポ・グランデ(58%)、ペルナンブコ州レシフェとリオ・グランデ・ド・ノルテ州ナタル(56.6%)、セアラー州フォルタレーザ(56.5%)と続いている。

 州都でこの割合が最も低かったのはトカンチンス州パルマスで、47.7%だった。

 過体重の割合は年齢が上がるにつれて高くなっているほか、就学年数の少ないグループで高くなっている。

 18~24歳の年齢層では30.3%だが、35~44歳では61.1%、55~64歳では62.4%に増加している。65歳以上になると、この割合は57.7%に低下している。

 就学年数との関連でみると、8年間まで学校教育を受けたグループで過体重の割合が59.2%になっているのに対し、9~11年のグループでは53.3%、12年以上のグループでは48.8%へと低下している。

 Vigitelでは、肥満度を表すBMI指数が25以上30未満の場合は過体重、30以上の場合は肥満と分類している。

 肥満とされるブラジル人の割合をみると、人口の11.8%だった06年に対し、16年は18.9%へと約60%増加した。

 肥満の割合も、年齢とともに高くなり、就学年数が少ないグループほど高くなっている。

 18~24歳の年齢層では8.5%だが、35~44歳では22.5%、55~64歳では22.9%となっている。65歳以上の年齢層では20.3%。

 就学年数との関連では、8年間までのグループで23.5%になっているのに対し、9~11年のグループでは18.3%、12年以上のグループでは14.9%へと低下している。

2017年4月20日付け

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password