伯穀物大手への出資決める=全農

 全国農業協同組合連合会(JA全農、本所=東京都)は17日付で、JA全農の米国子会社である全農グレインのブラジル現地法人、全農グレインブラジルホールディングス(本社=サンパウロ州、以下ZGB)が、ブラジルで穀物集荷.輸出事業を展開するALDC社(本社=サンパウロ州)への出資を決めたと発表した。

 発表によれば、ALDC社はブラジル資本最大の穀物集荷.販売業者であるアマッジ社と、4大穀物メジャーの一つであるドレファスの伯法人であるドレファス・ブラジル社によって2009年に設立された合弁会社。マラニャン州イタキ港に穀物輸出エレベーターを所有するほか、ブラジル北東部の穀物産地であるマピトバ地域(マラニャン州、ピアウイ州、トカンチンス州、バイア州)に6カ所の内陸穀物集荷倉庫を保有し、穀物集荷.輸出事業を展開している。ZGBがALDC社の株式33.333%を取得することで、ZGB、アマッジ社、ドレファス・ブラジル社がそれぞれALDC社の株式を3分の1ずつ保有することになる。

 JA全農は、世界有数の穀物輸出国であり今後も生産.輸出拡大が見込まれるブラジルにおいてALDC社へ出資することで、ブラジル産飼料穀物のサプライチェーンを確保し、更なる安定供給に努めていくとしている。

2017年01月21日付

コメント0

コメントを書く

Login

Welcome! Login in to your account

Remember me Lost your password?

Lost Password